無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

@
あなたside








小此木
小此木
誰かに聞きたいけど、ちょっとな、、
小此木
小此木
聞きがたいもんなぁ、、、






この粉をどうするか悩みながら

レッスンへと向かった。
小此木
小此木
とりま、友達にでも聞くか、、


私は唯一といってもいい親友に

聞いてみようと思った。
小
ねえねえ、この粉なにかわかる?
小
(写真を送信しました。)



返信を待つ間

練習しようと思い

早歩きでレッスンへと向かった。