無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

@
長尾side





あのあと、如月さんたちはでていった。




もう、俺はきめたんや。裏切らないって。
小此木
小此木
わたし、なんもしてないけどな、
長尾
長尾
あなたは、何も悪くないで、
恭平
恭平
たぶん、あなたに嫉妬でもしてんじゃないすか?
西畑
西畑
そうやね、
大橋
大橋
あなた、今度は絶対に守るかんな?
流星
流星
あなた、よかったね、
小此木
小此木
うんっ、
藤原
藤原
それにしても、なんであなたいじめようとするんやろな、
恭平
恭平
え、やから、嫉妬←
道枝
道枝
あなた、かわいいもんね←
長尾
長尾
あ、そうやって口説くのあかんで!←
道枝
道枝
いや、べつにしてへんわ!笑笑
小此木
小此木
みんな、ありがとう。





そうあなたがいった。
西畑
西畑
当たり前やん?
小此木
小此木
ありがとう、












このときいった言葉まもれなくて、




ごめんな___