プリ小説

第32話

金曜日の朝の涙が
はじめ
なんでってあなた…
あなた

はじめ
泣いてるよ?
あなた

え?

私は、自分の頬を触る。
あなた

本当…だ…

気づいたら、涙が止まらなくなってた。
はじめ
ほら、おいで?
はじめが両手を大きく広げた。
私の身体は、自然とスッとはじめの腕の中に入っていた。
あなた

はじめ…あったかいなぁ

はじめ
ふっ
と優しい微笑むはじめ。
はじめ
なんか、あなたらしくないなぁ
あなた

なんでよ。

少し頬をふくらませたりしてみたり。
はじめ
まぁいいや 笑笑
はじめは優しく微笑み、私の頭を"ポンポン"と撫でた。
そのまま優しく時間が流れる。
はじめ
よしっ!
朝の散歩でも行きますか!
応えを返す前に、
はじめ
やっば!
ごめん、あなた!
俺とシルク達もう行かなきゃ行けないんだった〜!
私を包んでいた手が"するり"と抜け、シルク達は寝てる部屋で駆け足で行く、はじめ。
はじめ
おい!起きろ〜!!!
そんなはじめの声が聞こえる。
はじめ
あ、そうだ。
あなたも行くでしょ?
部屋のドアから、ひょっこり顔を出してそう聞くはじめ。
あなた

う〜ん。

正直、家を出るのは怖い。
夢のせいなのかどうかは、分からない。
でも今日は、格別に怖い。
あなた

家に…いるね。

少し言うのをためらった。
はじめ
え!?
そんなのおいらめっちゃくちゃ心配…
あなた

大丈夫!私、高校生なんだからね!

本当は、現役じゃないけど。
そう意地を張る。
はじめ
うーん、分かった。
なんかあったらすぐ連絡して!
そう言ったはじめは家の固定電話を指差した。
シルク
あ、あなた。おはぁよ
寝ぼけたシルクが、"ヨタヨタ"と歩いて来た。
あなた

おはよ

数分後_
ンダホ
じゃあ、行ってくるね〜♪
寝癖ボサボサのンダホが、私に手を振る。
シルク
大人しくしてろよ。
優しく微笑んだシルク。
はじめ
じゃあね〜
あなた

頑張って来てね!

"ガチャ"
あぁ、行っちゃった。
さっきまでの暖かい雰囲気はどこに行ったのかなぁ?
それを探すかのように意味もなく部屋を動き回る。
落ち…つかない。
散歩…行こうかな。
自然と足が玄関に向かって、気づいたら外に出てた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らずべりー。
らずべりー。
-らずべりー。の本拠地へようこそ- 流星の如く舞い降りた泣く子も黙る あほ星の王子,元気な,らずべりー。です. 陰キャ+ひきこもり+オタク+コミュ障(´・ω・`) YouTubeと歌い手さんを愛しているカスでありまする. そんな私が小説書いたらこんな御話ができました((੭ ᐕ)੭ 文章がおかしい部分も多々あるでござる. あたたかい目で見守ってくだせー|ω・)ㄘラッ -紹介- YouTuberさんの書いてます☆。.:*・゜ リクエストも募集中〜 ちなみに好きなYouTuberさんは… はじめん,Fischer's,すしりく,水溜りボンド,ポキくん みやゆうさん,アバンティーズ,パオパオチャンネル ぴくと,三人称,キヨレトルト,ウマヅラビデオ,稲荷兄弟 ちなみに好きな歌い手さんは… 浦島坂田船((坂田家よりの箱推し)) そらるさん,まふくん,天月くん,nqrse,Tくん,Souくん,Eveくん,luzさん,96猫さん_です!! ⚠︎同担さん○/他担さん○/ガチ恋さん△ -お知らせ- 実はこちらは私の2つ目のアカウントです(◍ ´꒳` ◍) 前の小説が読みたい方は#苺色と#許嫁でふ...ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧ お気に入りが450を超えました.。o♡ ありがとです.投稿頑張れそうだぜい! -最後に- ( ˙꒳​˙ ).。o(えーっと)不定期投稿だと思われます! 気長にお待ちください( '༥' )ŧ‹”ŧ‹” コメントは嬉しいので、全て返信させて いただきます(ㅅ˙ ˘ ˙ )♡ 嬉しいんだもの,鬱陶しくてもよろしくです((꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆