無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

木曜日のその気
シルク
あなたがその気になったら、
あなた

シルク
俺と、“付き合って”くれる?
少し甘えた声のシルク。
らしくないな。
私は、少し笑みをこぼす。
@シルクsideーーーーーーーーーーーーーー
あなたは、俺の腕の中で必死に“コクコク”と首を縦に振ってくれた。
そしてあなたは、ゆっくりと顔を上げて“にかっ”っと笑った。
シルク
ありがとな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そう言って、シルクは満面の笑顔で私の頭を“ぽんぽん”と撫でた。
シルク
じゃあ、帰るか。
優しく手を繋いだ私達の姿を、
優しく月が照らし、
東京の夜景が包み込んだ。
@はじめsideーーーーーーーーーーーーーー
はじめ
明らかにおっそいなぁ。ご飯。
俺はそんな独り言がポツリと出てしまた。
いつもならすぐできるはずなのに、なぁ…
なんて思ってると…
"ガチャ"
あなた

ただいま〜

なんて呑気な声が、玄関から聞こえる。
急いで玄関に駆けつけると、靴を脱いでいるあなたと…
シルク?
はじめ
ど、どこ行ってたの?
なぜか、声が震える。
あなた

か、買い物だけど…

俺と同様、あなたもなぜか声を震わす。
シルク
じゃあ、あなた。
時間あんまないから…
あなた

うん、作ってくるね♪

と、あなたはキッチンへ行ってしまった。
はじめ
なぁ、シルク?
シルク
ん?
はじめ
あなたと何してた?
怒り口調になってしまう。
シルク
ん?気になる?
シルクが少し、ニヤッと笑う。
はじめ
あ、当たり前だろ///
シルク
俺さ、
シルク
あなたに、告白したから。
…はぁ?
はじめ
まっ…っ…
言葉がつっかかって出ない。
"告白"した…?
シルク
はやくしないと俺、あなた取っちゃうよ?
悪巧みをしたような笑顔で、ニコニコしてるシルク。
はじめ
…っ。
シルク
じゃあね〜♪
負けるわけには、いかない。
絶対に、


















あなたを渡すもんか。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らずべりー。@2周年🎀
らずべりー。@2周年🎀
あ い さ つ॰˳ཻ̊♡ いちご界のひきこもり代表、らずべりー。っていいます🎀 常に鼻炎で、常にあほです🤧 推しとおこたとみかんと応援してくれるみんなが好物です🍥 . し ょ う か い॰˳ཻ̊♡ YouTuberさんの御話書いてます💖 ちなみに以前はYouTuberオタクでした😖 御話が完結次第、歌い手さんの御話を書きたい🥺 ちなみに坂田さんが推し、まふまふさんがゆる推しです。 . お し ら せ॰˳ཻ̊♡ 実はこちらは私の2つ目のアカウントであります🍮 暇であれば探してみてくださいな😉 Ⅰ お気に入りが700を超えました.。o♡ ありがとです。投稿遅めだけど好きでいて! . さ い ご に॰˳ཻ̊♡ 不定期投稿だよ、把握よろしくね😶 コメントは嬉しいから、全て返信させていただきます🍴🍓💬 嬉しいんだもん、鬱陶しくてもよろしく㌨。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る