プリ小説

第53話

@POCKY 〜君の隣で〜
1年後_
私は、あのあと無事に退院して何事もなく過ごしてきた。
高校を卒業したあと、私はUUUM社員として働き始めました。
ポッキーくんのアシスタントマネージャーとして働いてます。
ポッキー
編集ありがとう。
ヘッドホンをした私の後ろから、オレンジジュースをパソコンの隣に置いてくれたポッキーくん。
あなた

いえいえ。

私は、ヘッドホンを外しオレンジジュースを手に取った。
私の座ってる隣に立ってるポッキーくんの方に身体を向けると。
その手には、オレンジジュースが。
ポッキー
あ、お揃いだよ。
少し照れくさそうに笑うポッキーくんにつられて私も笑みをこぼす。
あなた

ちょっと嬉しい。

ポッキー
ちょっとかい 笑
別に付き合ってる訳では無い私にとって、この会話は心を癒してくれる。
つまり、ポッキーくんといると1番落ち着くのです。
ポッキー
あなた…?
次は何お揃いにしたい?
あなた

何…かぁ。うーん。
安定のオレンジジュースかな 笑

あなた

ポッキーくんは?

するとポッキーくんは、顔を真っ赤にしたあとにゆっくり口を開け。
ポッキー
僕は…あなたちゃんと…
ポッキー
名字を一緒にしたいな。
あなた

えっ…

ポッキー
つまり、
"僕と結婚してくれませか?"
いきなりのプロポーズに、私は驚きを隠せない。
けれど、何故か涙も止まらなかった。
ポッキーくんとならどこまでもいけそうな気がした。
ポッキー
お揃いにしてくれますか?
ポッキーくんが、私座った前に膝まづいて、まるで王子様みたいに私を待っている。
私はポッキーくんの差し出した手に手を伸ばし。
あなた

はいっ!

私はポッキーくんの手をとって、にっこり笑った。
これからは、2人ずっと隣で一緒だね。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らずべりー。
らずべりー。
-らずべりー。の本拠地へようこそ- 流星の如く舞い降りた泣く子も黙る あほ星の王子,元気な,らずべりー。です. 陰キャ+ひきこもり+オタク+コミュ障(´・ω・`) YouTubeと歌い手さんを愛しているカスでありまする. そんな私が小説書いたらこんな御話ができました((੭ ᐕ)੭ 文章がおかしい部分も多々あるでござる. あたたかい目で見守ってくだせー|ω・)ㄘラッ -紹介- YouTuberさんの書いてます☆。.:*・゜ リクエストも募集中〜 ちなみに好きなYouTuberさんは… はじめん,Fischer's,すしりく,水溜りボンド,ポキくん みやゆうさん,アバンティーズ,パオパオチャンネル ぴくと,三人称,キヨレトルト,ウマヅラビデオ,稲荷兄弟 ちなみに好きな歌い手さんは… 浦島坂田船((坂田家よりの箱推し)) そらるさん,まふくん,天月くん,nqrse,Tくん,Souくん,Eveくん,luzさん,96猫さん_です!! ⚠︎同担さん○/他担さん○/ガチ恋さん△ -お知らせ- 実はこちらは私の2つ目のアカウントです(◍ ´꒳` ◍) 前の小説が読みたい方は#苺色と#許嫁でふ...ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧ お気に入りが470を超えました.。o♡ ありがとです.投稿頑張れそうだぜい! -最後に- ( ˙꒳​˙ ).。o(えーっと)不定期投稿だと思われます! 気長にお待ちください( '༥' )ŧ‹”ŧ‹” コメントは嬉しいので、全て返信させて いただきます(ㅅ˙ ˘ ˙ )♡ 嬉しいんだもの,鬱陶しくてもよろしくです((꜆꜄ ˙꒳˙)꜆꜄꜆
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る