無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

木曜日の勘違い
@シルクsideーーーーーーーーーーーーーー
あなた

¥&/@-/:/--0
付き合ってくれない…?

シルク
あなたが、もごもごっと言った後に放った言葉が耳に響き渡る。
“付き合ってくれない…?”
突然の告白に、動揺を隠せない俺。
鼓動がはやまる。
っち。こんなん、俺じゃないみたいだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた

かぃもの…
付き合ってくれない…?

なんか恥ずかしくて、声が小さくなってしまう。
“ボトッ”
シルクは、手に持ってたイヤホンを落とす。
小刻みに震えるシルクの手。
私はシルクの手、一点を見つめる。
思わず綺麗な手に見とれてしまう。
すると
“ギュッ”
私の正面で勢いよく立ち上がったシルクは、私に飛び込んでくるかのように抱きしめて…
る!?
いきなりの行動に私の頭はどうかなりそうだ。
あなた

シルク!?!?

シルク
俺、どうかなりそう。
シルク…?!
私は、シルクの腕を離して、冷静になる。
あなた

じゃ、行こ?

シルク
え?
やっぱ理解してないし…
あなた

買い物に付き合って!

@シルクsideーーーーーーーーーーーーーー
衝撃の事実だった。
まさか、
勘違いしてるだなんて思ってもない。
抱きつきもしちゃったし、
何やってんだ俺。
でも俺はあえて、理解してるフリをする。
シルク
あ?うん。買い物でしょ?
知ってる、知ってる。
我ながら、ムカつく言い方。
しかできないのか俺は。
あなた

そ、そうだけど…

少し、しょぼんとするあなたが少し可愛そうだった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シルクが、勘違いしてるなんて勘違いしたのって、地味に恥ずかしい…
ごめん、シルク…
あなた

あ!っていうかシルク、

シルク
ん?
あなた

車の免許持ってないじゃんね…

今更だ…
ンダホに頼もかな…
すると_
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは〜
作者のらずべりー。です🙋‍♀️💕
最近投稿できなくて、すいません😞
今週と来週は、私の敵『テスト』などが色々あり、投稿は難しそうです💦
本当にごめんなさい…
テスト、倒してきますね。
それではまたお会いしましょ!
せーのっ!アデュー🐟✨

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らずべりー。@2周年🎀
らずべりー。@2周年🎀
あ い さ つ॰˳ཻ̊♡ いちご界のひきこもり代表、らずべりー。っていいます🎀 常に鼻炎で、常にあほです🤧 推しとおこたとみかんと応援してくれるみんなが好物です🍥 . し ょ う か い॰˳ཻ̊♡ YouTuberさんの御話書いてます💖 ちなみに以前はYouTuberオタクでした😖 御話が完結次第、歌い手さんの御話を書きたい🥺 ちなみに坂田さんが推し、まふまふさんがゆる推しです。 . お し ら せ॰˳ཻ̊♡ 実はこちらは私の2つ目のアカウントであります🍮 暇であれば探してみてくださいな😉 Ⅰ お気に入りが700を超えました.。o♡ ありがとです。投稿遅めだけど好きでいて! . さ い ご に॰˳ཻ̊♡ 不定期投稿だよ、把握よろしくね😶 コメントは嬉しいから、全て返信させていただきます🍴🍓💬 嬉しいんだもん、鬱陶しくてもよろしく㌨。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る