無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

木曜日の怖いから
あなた

シルク?他にどっか寄るの?

するとシルクは首を、横に振った。
シルク
ちょっとだけ、
あなた

シルク
見せたいものがある。
見せたいもの…?
数十分後_
あなた

ここ…どこ?

気づいたら車は真っ暗の山道を走っていた。
シルク
んー?秘密。
そっけない顔でそう言うシルク。
実は私…
こーゆーとこ、めっちゃ苦手なんだよね 泣
体が小刻みに震える…
“ぼこっ”
あなた

!?!?

大きな段差でもあったのか、車が大きく揺れた。
シルク
あなた、ビビりすぎな 笑
シルクがニヤッと笑った。
車はどんどん先へ進む。
あたりは、街灯ももちろんなく、ただただ真っ暗な空間となっていた。
あなた

しっシルク…帰ろうよ…

私が独り言のように呟く。
シルク
やだ。
と、素っ気ない返事が返ってきた。
シルク
もうすぐつくから。
あなた

こ、怖いから!帰ろうよ…

シルク
まぁまぁ落ち着けって。
結構上に来たみたいだし、こんなとこで何するだよ〜…
シルク
あ。着いた。
怖くて下に顔を向けていた私は、その言葉に思わず顔を上げてしまう。
そこは少し展望台のようになっていて、ここからは階段で上がるみたい。
シルク
あ!あなたはまだ見るなよ?
目、つぶれ!
あなた

えっ!?うん…

言われるがまま、私はゆっくりとまぶたを閉じた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

らずべりー。@2周年🎀
らずべりー。@2周年🎀
あ い さ つ॰˳ཻ̊♡ いちご界のひきこもり代表、らずべりー。っていいます🎀 常に鼻炎で、常にあほです🤧 推しとおこたとみかんと応援してくれるみんなが好物です🍥 . し ょ う か い॰˳ཻ̊♡ YouTuberさんの御話書いてます💖 ちなみに以前はYouTuberオタクでした😖 御話が完結次第、歌い手さんの御話を書きたい🥺 ちなみに坂田さんが推し、まふまふさんがゆる推しです。 . お し ら せ॰˳ཻ̊♡ 実はこちらは私の2つ目のアカウントであります🍮 暇であれば探してみてくださいな😉 Ⅰ お気に入りが700を超えました.。o♡ ありがとです。投稿遅めだけど好きでいて! . さ い ご に॰˳ཻ̊♡ 不定期投稿だよ、把握よろしくね😶 コメントは嬉しいから、全て返信させていただきます🍴🍓💬 嬉しいんだもん、鬱陶しくてもよろしく㌨。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る