無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

152
2021/02/14

第9話

加藤鷲
おーい、花火あげるぞぉ
貴方
やっとか
加藤鷲
あ?お前なぁ…
貴方
うるさい黙れ喋るなアホ
加藤鷲
いや、俺まだなんも言ってねぇよ…
貴方
右京〜酒は〜?
右京
ふっ笑ガキのくせによぉ
貴方
うるさい、酒とつまみ
右京
おう、待っとけな
阿行
あなたさーん
吽行
こっちっすー!
貴方
今行く、待ってて
風太
あなたさん、寒いっすよ
雷太
ひざ掛けどうぞ!
貴方
うん、ありがと
左京
嬢は愛されてんなぁ笑
左京
あなたの事好きか、ベイビーズ
貴方
馬鹿、なんて事聞いてんの
ベイビーズ
好きっす!
貴方
ベイビーズも答えなくていいから
左京
そうかそうか笑
貴方
おい、話聞けや
右京
ほら、酒とつまみ
貴方
ねぇ、話聞け
左京
まあまあちいせぇ事気にすんな
貴方
はぁ…ほんと自由
加藤鷲
おい、あげんぞー!
風太
あなたさん!!あがりますよ!
貴方
はいはい笑
鷲が合図をすると
ヒューという音と共に
夜空に花火が描かれる
右京
いや〜綺麗だなぁ
左京
こりゃ酒がうめぇな
加藤鷲
まだまだじゃーい
雷太
風太、綺麗だな
風太
だな!
阿行
吽行、見ろよあれ
吽行
おおお!綺麗だ!
右京
お嬢、綺麗だな
貴方
うん、綺麗ね
あぁ、私が頭なのも今日が最後か
なんだかんだ楽しかった
ギュッと紀久の法被を握り締めた