無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2021/02/06

第3話

鷲side
日向が捕まってから、頭はあなたになった
相変わらず何考えてんのか分かんねぇ
日向ならすぐに分かんだろうけどな
加藤鷲
ったく、今日は雨かよ
日向が捕まった日から表の火は絶えてない
絶えたら多分半殺しか
加藤鷲
あ、
貴方
……
縁側で胡座をかいて座るあなた
目を閉じて寝てんのか?あれ
貴方
加藤鷲
起きてんのな
貴方
なに
加藤鷲
暇そうな顔しやがって
貴方
つまんないからね
加藤鷲
んだよそれ笑
貴方
今日雨だけど
加藤鷲
絶えてねぇよ
貴方
そう
また雨に目を移すあなた
加藤鷲
暇なら寝とけよ
貴方
加藤鷲
寝るの好きな癖によ
貴方
気分じゃない
貴方
それより、タバコ
手を出しそう言うあなた
まだガキの癖によ
加藤鷲
アホか、やんねぇよ
貴方
もう子供じゃない
加藤鷲
てめぇの肺は綺麗なままでいいんだよ
貴方
意味わかんない
加藤鷲
分かんなくていい
貴方
タバコ
加藤鷲
ねぇよ
貴方
加藤鷲
ガキにはやんねぇよ
よし、表の掃除でもするか
加藤鷲
てめぇは菓子でも食っとけ
あなたの手のひらに飴を数個乗せて立ち上がる
ベイビーズでも誘うかぁ
加藤鷲
雨が止むまで大人しくしてろよ
貴方
……うん