無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

165
2021/02/07

第5話

加藤鷲
おいあなた客だ
貴方
あ?誰?
加藤鷲
九龍の下っ端だ
貴方
鷲が何とかしとけ
加藤鷲
日向かよ…あなたを呼んでんだ
貴方
はぁ…通せ
睨まれながら私の前に来たのは
貴方
またか
九龍グループの家村会の下っ端
ノボル
確かこいつは山王出身だ
貴方
何の用だ、九龍の下には付かねぇぞ
ノボル
その話し方は日向を真似たのか
貴方
あ?
ノボル
奇妙だな、日向は捕まったというのに
ノボル
お前が居るせいで捕まった気がしない
貴方
何がいいたい
ノボル
どうだ、家村会の傘下に
貴方
入らない、何度言えば分かる
ノボル
日向が居ない間達磨一家が潰れたらどうする
ノボル
日向は帰る場所を失うな
ノボル
傘下に入ればそんな事おきない
貴方
馬鹿か
貴方
紀久が帰ってくるまで
達磨一家を潰さねぇようにするのが
私たちの役目だ
貴方
傘下に入らなくても関係ねぇ
ノボル
ほんと日向そっくりだ
貴方
右京、左京、どうにかしろ
ノボル
日向が帰ってくるまで、潰れないといいな
貴方
潰れねぇよ
貴方
転んでも起き上がる
それが達磨一家だ
右京と左京に場を任せて
紀久の法被を気直しながら奥に行く
貴方
もう二度と顔を見せんな
ノボル
……考えておけ