無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

172
2021/02/06

第4話

右京
おい、あなた飯だ
貴方
右京
ふっ笑
貴方
なに
右京
その後ろにいる猫はなんだ
貴方
凛、蓮、陸
右京
お嬢の飼い猫か
貴方
最近勝手に来るの
右京
ふっ笑
貴方
笑うな
右京
日向も昔そうだったぞ
貴方
そう
右京
飯やった方がいいのか
貴方
出来るなら
右京
あいよ
凛達を右京に任せて
大広間に向かう
左京
おう、嬢遅かったな
貴方
うん
左京
おら、これ食え
左京
これもな
貴方
いただきます…ってこんな食べれない
左京
いーから食え
貴方
食べれないって
加藤鷲
ちゃんと食わねぇと日向心配すんぞ
貴方
…食べる
加藤鷲
素直だな
貴方
紀久ちゃんとご飯食べてんのかな
右京
多分不味いって文句抜かしてんじゃねぇか笑
貴方
右京の煮物食べたがってるね
左京
だな笑
加藤鷲
なぁあなた
貴方
なに
加藤鷲
なんで頭引き受けたんだ?
貴方
頼まれたから
右京
だけじゃねぇよな
貴方
やらないとって思ったの
貴方
鷲達のためにも
貴方
ベイビーズのためにも
加藤鷲
ふっ笑ガキの癖に考えてんだな
貴方
ガキじゃないし
右京
それがガキなんだよ
貴方
うっさい
左京
ふっ笑
パチパチパチ…
表の方から火の音が聞こえた
右京
ったく日向がも無理な願い事するもんだ
貴方
うん、そうね
左京
あいつ今頃何してっかな
貴方
さぁ…
時が止まったように
4人で火の音を聞いてた
ねぇ、今何してるの