無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

167
2021/02/10

第7話

情けない
こんなことで迷惑かけたくないのに
そう思えば思うほど
体の重みとお腹の痛みは増していく
貴方
ん…
丸まってただひたすら痛みに耐える
右京
おい、お嬢
貴方
右京
右京
ほら、湯たんぽ
貴方
ありがと
右京
もう少しで飯出来っから
貴方
うん
右京
はぁ、またお前は
私のそばにしゃがむ右京
右京
何を思い込んでんだアホ
ゴツンっと拳が頭にふってきた
貴方
痛いんだけど…
右京
うるせぇ
貴方
説教なら後に…
右京
アホか説教なんかするつもりねぇよ
貴方
じゃあなに
右京
お前なぁ、頭なら堂々とわがまま言えや
貴方
堂々とわがままって…
右京
日向ならあれ持ってこい
これ持ってこいわがまま言ってら
右京
てめぇは遠慮ばっかしやがってよ
右京
頭だろ、わがまま言えやアホ
貴方
紀久は紀久じゃん、私は私
右京
そうだけどよ、いいんだぞ
右京
月イチのわがままくらいよ笑
貴方
……ごめん
右京
おう
貴方
じゃあわがまま言う
右京
ふっ笑なんだ
貴方
今日のご飯レバーがいい
右京
あたりめぇだろ、分かってる
貴方
ん、ありがと
右京
じゃあ寝とけよ
右京
作ってくっから
貴方
そのセリフ2回目
右京
うるせぇ早く寝ろ笑
貴方
はいはい