無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

119
2021/07/30

第23話

二十二
全てを話し終わった
ふとベイビーズの顔を見てみると
貴方
なんで泣いてんの笑
ベイビーズ
あなたさぁぁぁん…(泣)
貴方
なに笑
ベイビーズ
めっちゃいい話じゃ無いすかぁぁ…(泣)
貴方
はいはい笑、ありがと笑
左京
野郎のくせに泣いてんじゃねぇよ笑
ベイビーズ
だってぇぇぇ…(泣)
貴方
ふふっ(笑)
右京タオル持って来てあげて
右京
ったくよぉ…
ベイビーズ
すびっ…ぐずっ…
加藤鷲
ちょっ、おい!鼻水付けんな!
貴方
もー……(笑)
右京
おら、タオルだ
ベイビーズ
ありがとうございます(泣)
貴方
なんでそんなに泣くのほんとに(笑)
日向紀久
おかしい奴だな
貴方
ほんとね
紀久と2人で呆れ顔でそう言う
ほんとガキなんだから
話したらなんだか疲れちゃった
貴方
私疲れたから奥行くから後は頼んどくね
加藤鷲
おう、任せろ
貴方
紀久はどうする?
日向紀久
俺も行く
貴方
そっか、なら行こ
全部鷲や右京達に任せて奥の部屋に行く
部屋に入るなり布団に倒れ込む、最高…
貴方
んーっ…
日向紀久
さっそく布団か笑
貴方
紀久も来る〜?
日向紀久
酔ってんのか
貴方
ちょっとだけ
日向紀久
ふっ(笑)
貴方
来るの?
日向紀久
ん、行く
紀久が布団の中に入ってきて
ぎゅっと私を抱き締める
ふさふさな髪の毛が首に当たって少しくすぐったい
でもそんなとこも全部愛おしく思えた
貴方
ねぇ、紀久
日向紀久
あ?
貴方
私と出会ってくれて、ありがとう
日向紀久
こちらこそ、ありがとな
こんなに好きになるなんて
こんなに離れたくないって思えるなんて
多分あの頃の私には想像がつかなかったと思う
でもいいの、こうして隣に居れるから