無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

127
2021/03/07

第22話

二十一
電話をかけると1コールで出た紀久
若干びっくりした
日向紀久
……もしもし
貴方
もしもし、何してるの
日向紀久
別に何も
貴方
今日来る?
日向紀久
多分
貴方
来るならご飯一緒に食べよう
日向紀久
……いいのか
貴方
いいよ、ついでにお風呂も一緒に
貴方
抱くのはそれからね笑
そう電話越しに笑うと
紀久も笑って
日向紀久
あぁ、分かったよ
貴方
なんか食べたい?
日向紀久
なんでも、あなたの飯うめぇし
貴方
そっか、分かった
日向紀久
なぁ
貴方
ん?どうしたの?
日向紀久
やっぱ、今から行く
貴方
もう血だらけ?
日向紀久
ちげぇよ
貴方
じゃあ、どうして?
日向紀久
しばらく屋敷離れてみる
貴方
……そっか
日向紀久
あなたん家、泊まらせてくれ
貴方
いいよ、待ってるね
日向紀久
悪ぃな、ほんと
貴方
それ加藤さんも言ってたよ
日向紀久
加藤に会ったのか
貴方
さっきスーパーでね
日向紀久
今、どこだ
貴方
いつものスーパー
日向紀久
準備して行く、待っとけ
貴方
はいはい、買い物しとくね
日向紀久
ん、あと
貴方
ん?
日向紀久
やっぱ今日肉じゃがな
貴方
ふふっ(笑)分かったよ
日向紀久
じゃあ、待っとけよ
貴方
うん、待っとく
ぶちっと電話が切れて、機械の音が響く
貴方
肉じゃがか…よし
カートを押して、買い物を始めた
まだ来てない貴方を待ちながら