無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

169
2021/02/25

第8話

紀久が捕まってもうどのくらい経っただろう
相も変わらず表の火は絶えず燃え続けている
ザァァァ…
雨だ、そういえば紀久が捕まった日も雨だった
ゆっくり立ち上がって、表の火を見に行く
小さな火がゆらゆら燃えていた
このままだと絶える
火の中にその辺の木や燃料を入れる
加藤鷲
やっべえ!!雨!!
鷲が慌てて表に出てきた、傘させよ濡れるぞ
振り向いて鷲の方を見る
加藤鷲
あなた、居たんだな
貴方
誰かさんが火の管理サボるから
加藤鷲
う"…すまねぇ
貴方
別にいいけど
加藤鷲
そういえばあなた
貴方
なに
加藤鷲
日向、出所決まったぞ
その言葉を聞いた瞬間
鷲に背を向けて雨を見ていたのに
勢いよく振り向いてしまって


傘が手から滑り落ちた
加藤鷲
おい、濡れるぞ
貴方
あぁ…ごめん
加藤鷲
何年ぶりだろうな
貴方
……うん
傘をさしなおして
また鷲と向き合う
加藤鷲
その法被も脱ぐときが来たか笑
貴方
元々紀久のだし
加藤鷲
よく似合ってるぞ?
貴方
うるせぇ(ガっ
加藤鷲
いや俺褒めたよな…
貴方
ふっ笑
加藤鷲
ったくよぉ…笑
貴方
いつ帰ってくるの
加藤鷲
明日だ
貴方
迎えに行くの
加藤鷲
あぁ、あなたも来るか
貴方
いや、いかないよ
加藤鷲
なんで
貴方
表の火、見とく
加藤鷲
絶えねぇよ
貴方
分かんないでしょ
加藤鷲
1番に会わなくていいのか
貴方
何年一緒に居ると思ってるの
貴方
1番に会わなくたって変わらない
加藤鷲
ふっ笑そーかよ
貴方
また誰かさんが
火の管理サボるかもしれないし
加藤鷲
サボんねぇよ
貴方
どうだか…
ねえ、鷲
加藤鷲
なんだよ
貴方
タバコ
加藤鷲
おい、お前ガキだろ
貴方
一応成人してる
加藤鷲
はぁ…今日だけだぞ
鷲のタバコを1本もらって
鷲と2人で並んでタバコを吸う
貴方
明日、でかい花火でもあげる?
加藤鷲
それは今日にしねぇか
貴方
なんでよ
加藤鷲
あなたが頭の最後の日だからな
貴方
ほんとの頭が帰って来る時はいいんだ
加藤鷲
明日は焼酎飲み比べだよ
貴方
祝い方独特だな、ほんと
加藤鷲
明日は宴会だな
貴方
絶対二日酔いになる…
加藤鷲
二日酔いは大人の印じゃ
貴方
いや、私大人だし
加藤鷲
まだまだガキだよ
貴方
じゃあ紀久は?
加藤鷲
あいつにガキなんて言ったら
俺の命無くなるに決まってんだろ
貴方
紀久と同い年なのに
同じ扱いしてよ
加藤鷲
お前はまだガキじゃい
だからガキ扱いするんじゃ
貴方
意味わかんない
加藤鷲
よし、今日はでけぇ花火あげんぞ
貴方
話聞けや…
加藤鷲
何色がいい
貴方
はぁ…
貴方
赤と紫と青
加藤鷲
お、なかなかいいセンスしてんな
じゃあ今日あげっかぁなんて言ってるけど
貴方
雨降ってるじゃん
加藤鷲
夜には止むんだとよ
貴方
ふーん
加藤鷲
じゃ、吸殻捨てとけよ
貴方
ん、
帰ってくるか……
どんなふうに会おう
そんな事を考えながらタバコを吸った
午後4時の話