無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

142
2021/02/23

第13話

十二
いい感じに酔いが回って
みんな盛り上がってる頃
ベイビーズが私たちのとこに来た
ベイビーズ
あなたさん、日向さん!
貴方
なに、どしたの
ベイビーズ
馴れ初め教えてください!
日向紀久
却下
吽行
即答…
加藤鷲
いいじゃねぇか、教えてやれよ
貴方
その辺の純愛ではないけど
阿行
え、そうなんすか
加藤鷲
そりゃ相手がこれだぜ?
純愛になるわけねぇだろ
日向紀久
おい、鷲
加藤鷲
ははっ笑
日向紀久
酔ってんだろてめぇ
貴方
あー…また始まった
日向紀久
殺す、まじで殺す
加藤鷲
わぁったわぁった、すまねぇって
ベイビーズ
あの!ほんとに教えてもらえませんか?
貴方
教えてもいいけど
ベイビーズ
……!!
貴方
そんなに綺麗なものじゃ無いよ
貴方
どちらかといえば
互いに依存してたのかもね
貴方
ガキの頃は
風太
今はどうなんですか?
貴方
今は、愛し合ってるのかな
依存はしてない
雷太
愛し合ってると思いますよ
雷太
日向さん、あなたさんを見る時の目
愛おしそうに見てますから
貴方
そう?ありがとう
お酒をまた1口飲んで、ベイビーズを見る
子供のような好奇心旺盛な目
話すべきなのだろうか
貴方
ほんと、ベイビーズはまだガキだね
ベイビーズ
一応成人してますよ!!
そう4人で口を揃えて言う
貴方
そうゆうとこだよ
貴方
まぁ大人になるためには
貴方
私たちの話でもしてあげようかな
ベイビーズ
いいんですか!?
貴方
いいけど、最後にもう一度聞くよ
貴方
綺麗なものじゃないけどそれでもいい?
ベイビーズ
はい、いいです
貴方
後戻りは出来ないよ
ベイビーズ
はい!!
私は座り直して、グラスを机に置いて
外から照らす満月を見ながら
ベイビーズ達に私たちの昔話を始めた