無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

174
2021/02/17

第11話

誰かが私を撫でてくれている手を感じて
目を覚ました
そこにはずっと会いたかった愛おしい人
貴方
ん…紀久…?
日向紀久
おう、起きたか
貴方
あれ、私風太雷太に起こしてって…
日向紀久
俺が起こすなって言った
貴方
そっか…
日向紀久
俺の法被は
貴方
ん…あここだごめんね
紀久の法被を抱きしめて寝ていたせいで
紀久は服1枚だった
日向紀久
ん、
私から法被を受け取るとバサッと着る紀久
思わずぼーっと見とれていると
日向紀久
なんだあなた
貴方
いや、なにも
日向紀久
見間違える色男になったか?笑
そう言って笑う紀久
貴方
まあ…うん
日向紀久
ふっ笑相変わらずだな
貴方
紀久もね
日向紀久
なんだよ、久しぶりなのに冷てぇな
貴方
別に普通だけど
日向紀久
ふっ笑ほら
ふんわり笑って腕を広げる紀久
そこにゆっくり近付けば
日向紀久
遅せぇよ
ぐいっと引っ張られて抱き締められた
貴方
ん……(ギュッ
日向紀久
ただいま
貴方
おかえりなさい
日向紀久
火は絶えなかったか
貴方
一日たりとも絶えてないよ
日向紀久
そうか
貴方
なんであんなお願いしたの
日向紀久
あれは達磨一家の灯火だ
あれが絶えちまったら終わりだ
貴方
そっか…
日向紀久
あぁ(ギュッ
貴方
今日は宴会だって
日向紀久
おー、やんじゃねぇか
貴方
焼酎飲み比べだってさ
日向紀久
そういえば開けたい焼酎あったな
貴方
飲みすぎないでね
日向紀久
あぁ?それは無理なこった
貴方
なんでよ…
日向紀久
せっかくムショから出れたんだ
そんくらいいいだろ
貴方
いや酔って絡まれるの私だから
日向紀久
あぁ?
貴方
いやあぁ?じゃないから
ほんと自由な人だな…
日向紀久
でもまぁ焼酎飲み比べの前にやりてぇことあんだけどな
貴方
なにしたいの?
日向紀久
あなたに寂しい思い
させちまったからなぁ…?
日向紀久
その分のお詫びしねぇとな?
嫌な予感がして、サーっと血の気が引いた
貴方
いや、別に大丈夫…
日向紀久
あぁ?大丈夫じゃねぇよな?
ゆっくり近付いて来る紀久
後ずさりをして捕まらないように逃げる
日向紀久
なに逃げてんだよ
貴方
いや、あの…
トンっと壁に背中が着いて逃げ場を失った
日向紀久
嫌いなんか?あぁ?
貴方
嫌いじゃないけど…まだ…
日向紀久
ほんと慣れねぇな
貴方
あ…ちょっ…んっ…
紀久の顔が近付いて来て
そのまま私にキスを落とした
日向紀久
ガキの頃のが慣れてたんじゃねぇか?笑
貴方
うるさい
日向紀久
ふっ笑
至近距離で見つめ合って2人で笑う
そのまままた顔が近付いて
距離が0になったら
互いに求め合う