無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
あなたside
you
you
なにかしらの間違いでいいから
僕のものになってくれないかな~
いつも聞いている“名脇役”









私も自担と“なにかしらの間違いでいいから…



こんなこと考えても意味ないよ…





アイドルとオタクの関係だもん…







お友達にでも良いからなりたかったな…







〇〇
〇〇
もー!
遅いよ!腕を組む
you
you
人違いじゃ?
〇〇
〇〇
ほら!
いくよー!
you
you
えっ?
よく顔は見えない。


でも確かなことは…


男の子

身長が高い


これだけじゃ、誰か分からないよ…










暗い裏路地
〇〇
〇〇
ごめんね…
急に…
私は…今…男の子の顔が見えた…
you
you
えっ?
〇〇
〇〇
ど、どうした?
you
you
道枝くん?
道枝駿佑
道枝駿佑
えっ?
俺の事知ってるの?
you
you
はい!
道枝駿佑
道枝駿佑
誰にも言わないで!
you
you
はい!
絶対に言いません!
でも…
何があったんですか?
道枝駿佑
道枝駿佑
 あ〜
ファンの子達に追いかけられちゃって…
それで…君の、名前は?
you
you
あなたです…
道枝駿佑
道枝駿佑
あなた?
今から俺の家来てー!
you
you
へっ?
道枝駿佑
道枝駿佑
ごめん!
なんか、アカンかった?
you
you
いえいえ!
逆に良いんですか?
道枝駿佑
道枝駿佑
だって、あなたの洋服、ボロボロやん…
you
you
(੭ᵒ̴̶̷̥́⚰︎ᵒ̴̶̷̣̥̀ᑦ)
道枝駿佑
道枝駿佑
ごめん!
なんか、アカンこと言った?!
俺?!?
you
you
助けて…欲しい…
道枝駿佑
道枝駿佑
何があったの?
私が、いじめられてること

私が、虐待されてること
道枝駿佑
道枝駿佑
信じられへん!
そんなことあったの?
大丈夫…今日から俺たちとずーっと一緒!
you
you
俺たち?
道枝駿佑
道枝駿佑
ついてこーい!!
この日から私は幸せ者になった。