無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第146話

こだわりを聞いてくれ。
じんたんはね、攻めでも可愛く書きたいんよ。つまり、かっこ可愛いを目指してる。で、受けはテオくん固定。

それで結果、どっちも可愛いって言う?(平和!

そーいうラビホーを書きたいんです。
(これは間違いなく誰かに向けて言っている。wしかし全てのラビホーへ向けてのメッセージでもある。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

羊
-☆クリスマス大好き人間☆- ほぼホーラビです。🐰推しです。R18は読むのは苦手なのは以前と変わりません。なのでR付いてるとイイねつけないことあります。ごめんなさい。 積極的ではないですが、多少熱い性分です。初対面で絡まれると人見知り発動します。ガチガチです。 尚、ツイッターはしていません。 小説のみで浮上します。 ライン交換等も致しません。 お気持ちだけいただきます。 ありがとうございます。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る