無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第175話

よく皆がしてるので
私もこういう話をしてみようと。
-----------


クラスに1人、よく先生に呼ばれる男子(A)がいまして。別に問題おこしてるとかではないですが、両親が家庭的な問題(離婚沙汰?)で色々あるらしく、その中でのことで間にいた彼がよく呼ばれてました。そのせいか孤立もしていて、それまで誰かといたところは見たことはなかったです。聞いた噂では実質1人で暮らしてるらしく、かわいそうねとか言われてるのを聞いてた他の男子(B)がどうやらそれでイラついたみたいでした。



B「このクラスにいるらしいな、そういう奴が!

かわいそうとか同情されやがって!」



明らかに皆に聞こえるように大きな声で言いました。言われてるA本人もいて、Bの方を見ながら、別に顔色を変えるでもなく、黙ってそれを聞いてました。



B「イラつくわ、ほんま!」



そしたら、

Aが何かに気づいたみたいに、何でかな?笑って言ったんです。



A「お前さぁ、俺のこと嫌いやろ?」w





すると、

それを聞いたBがすごい剣幕で怒ったんですね。



B「…当たり前やろがボケ! 俺はなぁ!

大キライなんじゃ! お前なんか!!!」






そう言って、Bは教室を出て行ってしまいました。










-


数日後のことでした。






うちのクラスは席替えで好きな場所を決めて座れるのですが、

Bの席の後ろには何故かAの席がありました。



Bは自分の後ろに座られて何か言うのかと思ったんですが、

特に何も言いませんでした。


それから何事もなく、普通に席が近いだけの2人だと思ったんですが




あるとき社会科の授業が終わって、「起立」という号令がかかる中、起立しない生徒が2名。



それがそのAとBでした。




Aは机に突っぷして眠っていて

前にいたBは、Aの机に頭を預ける(と言うか乗せてる)形で寝ていました。←凄い堂々。w


まぁ、社会科の先生は怒ることが滅多にない優しい先生だったので、2人が寝ていても怒って起こすこともせず、特に何も言わなかったんですけどね



でも、羊には
それがなんだか優しい世界に見えました。





だって何だかんだと、
今はAとBは移動とかお昼は一緒にいるの見かけるんです。






よく分からないうちに仲良くなったのねって思いました。



(羊:良かった良かった。)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

羊(静養中)
羊(静養中)
-☆クリスマス大好き人間☆- ほぼホーラビです。🐰推しです。R18は読むのは苦手なのは以前と変わりません。なのでR付いてるとイイねつけないことあります。ごめんなさい。 積極的ではないですが、多少熱い性分です。初対面で絡まれると人見知り発動します。ガチガチです。 尚、ツイッターはしていません。 小説のみで浮上します。 ライン交換等も致しません。 お気持ちだけいただきます。 ありがとうございます。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る