無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第188話

そう言えば忘れてた先週でのこと
羊の学校は駅から降りて真っ直ぐ10分ほど歩いたところにあります。真っ直ぐ、学校に至るまでには何かの工場や田んぼがあって、そこでのお話。
歩いてたら、トラックが走って通り過ぎて、パァン!ってそりゃあ大きな音がして、私ってば驚いて悲鳴をあげたんですね。それだけじゃなくて、何か飛んで来たんです、おデコに。で、そのまま車は去っていって、「???」っと思って車が行った後の道路見たら、そこに何かプラの破片みたいなのがあって、「え?飛んで来たのコレ?」っと思って呆然としてたら、友達が後ろからその様子見てて、大丈夫だった?って、私見た途端、おデコどうした!?って言うんです。ハイ、ちょっと切り傷出来てました…。幸い大きな傷ではなかったんですけどね…ガラスでなくて良かったとか、飛んで来たのが目じゃなくて良かったとか、ただ最悪でなくて良かったとそういったことを思いました。本当、世の中何が起こるか分からんですよ!(大袈裟な言葉でしめる。w


皆さんも登校の際は何とぞご注意下さいねぇ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

羊
-☆クリスマス大好き人間☆- ほぼホーラビです。🐰推しです。R18は読むのは苦手なのは以前と変わりません。なのでR付いてるとイイねつけないことあります。ごめんなさい。 積極的ではないですが、多少熱い性分です。初対面で絡まれると人見知り発動します。ガチガチです。 尚、ツイッターはしていません。 小説のみで浮上します。 ライン交換等も致しません。 お気持ちだけいただきます。 ありがとうございます。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る