無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第192話

うちの部の名物
闇鍋。


(※説明しよう。闇鍋とは土鍋に個々が美味しいと思うあらゆる具材を放り込み、それが結果旨い不味いに関わらず最後まで食べ切らなければならないという究極の鍋のことである。)


昨日の具材は
・うどん
・味噌ラーメン
・チキンナゲット
・バーベキューソース
・豆腐
・糸こんにゃく
・とろけるチーズ
・バゲット(あと乗せ)
・もやし
・冷凍ピラフ
・ごはんですよ
・牛乳
・ウィンナー
・キムチ
(多分こんなもん。うろ覚え。)


ちゃんと美味しくいただきました。
ちなみに豆腐にバーベキューソースつけると正露丸の味がしました。いらない発見。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

羊
-☆クリスマス大好き人間☆- ほぼホーラビです。🐰推しです。R18は読むのは苦手なのは以前と変わりません。なのでR付いてるとイイねつけないことあります。ごめんなさい。 積極的ではないですが、多少熱い性分です。初対面で絡まれると人見知り発動します。ガチガチです。 尚、ツイッターはしていません。 小説のみで浮上します。 ライン交換等も致しません。 お気持ちだけいただきます。 ありがとうございます。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る