無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

165
2021/08/03

第10話

流れ星
僕は無意識にこんなことを考えてた。星って羨ましいな。でも流れ星ってどうなんだろう?
って思ってた。子供ときから流れ星を見て願いをすると願いが叶う。ってすごいなって思ってた。でも大人になっていくと流れ星ってすぐに消えちゃって可哀想だな。
目黒蓮
目黒蓮
どうしたんだよ急に。
隣から安心する声が聞こえてきた。
ラウール
ラウール
僕も星みたいにキラキラ輝きたいなって、
これはきっと夢だったんだと思う。流れ星も願いが叶うかもしれないだけど、ずっと輝いてる星になりたいって思ったかもしれない。
そう考えてたらめめが
目黒蓮
目黒蓮
きっと叶うよ、ラウールが思うよりSnowManというアイドルはみんなが注目する大人気アイドルになるかもよ。
目黒蓮
目黒蓮
流れ星はすぐに消えちゃうけどでもその分違う人の夢が叶ってるかもしれない。そうでしょ?
ラウール
ラウール
そうだね。
流れ星はみんなの夢を本当に叶えてくれるのかもしれない。僕はちょっと考えすぎてたんだな。
目黒蓮
目黒蓮
もし、叶わないとしても自分の努力があれば夢は叶うよ。俺は、アイドルなりたいと思えば一生懸命ダンスを頑張ったり歌を頑張れば夢は叶うかもしれない。
ラウール
ラウール
努力が大事なんだね!
目黒蓮
目黒蓮
うん
目黒蓮
目黒蓮
ラウールだってみんなに見てもらいたいって頑張ってるから応援してくれる人がいる。やっぱり努力は大事なんだよ
そうだよね。どれだけ頑張ったが大事なんだよね。
ラウール
ラウール
うん!僕はこれからも頑張る!
目黒蓮
目黒蓮
俺も頑張ろ。
めめはもう沢山頑張ってるけどね。でもめめがいうなら応援しよ!
ラウール
ラウール
うん!一緒に頑張ろ!
ラウール
ラウール
じゃあ次こそ寝ようね笑
目黒蓮
目黒蓮
そうだな笑
そうして僕たちは仲良くハグをしながら寝た。恥ずかしくて最初は寝れなかったけどそれは内緒!/////