無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

119
2021/08/31

第38話

なんで、
目黒蓮
目黒蓮
ラウール!
ラウール
ラウール
めめ、
めめになんでキスしてたの?なんて聞けない、
怖くて聞けない、
もしそれがわかって別れようって言われたらいやだ、
目黒蓮
目黒蓮
ラウール?
目黒蓮
目黒蓮
どうした?
ラウール
ラウール
なん、でもない、
僕は泣くのをものすごく我慢したけど無理だった
だって辛いんだもんっ、
そんなの、別れたくないよ、離れたくないよ、
別れたら前みたいな関係にもなれない、
目黒蓮
目黒蓮
嘘だな、
目黒蓮
目黒蓮
どうしたんだよ、
めめは僕の涙を優しく暖かい手で拭いてくれた
目黒蓮
目黒蓮
なんか辛いことでもあったの?
僕は黙ってしまった
なんでそんなに優しくするの?
本当に僕のこと好きなの?あれは勘違いなの?
目黒蓮
目黒蓮
まず車乗ろ?
ラウール
ラウール
うん、
僕たちは車に乗ったそこから何故かめめのお家に行った
ラウール
ラウール
え?ここってめめの家じゃ、
目黒蓮
目黒蓮
そうだよ
僕たちはめめの家に入った
ラウール
ラウール
今日めめ仕事あるんじゃないの?
目黒蓮
目黒蓮
なんか無くなったみたいだからラウール誘うと思ってたんだよね
ラウール
ラウール
そうなんだ、
目黒蓮
目黒蓮
あ!何飲む?
ラウール
ラウール
お茶!
目黒蓮
目黒蓮
お茶好きだな本当に健康にいい子笑
ラウール
ラウール
でしょ?
なんかめめと話したら元気が出てきた
本当にさっきまで泣きそうだったのに
コトン
目黒蓮
目黒蓮
それでさ、ラウール辛いことあったの?
めめは僕の座ってたソファーに座った
ラウール
ラウール
、、、
目黒蓮
目黒蓮
嫌なら言わなくてもいいよ?
目黒蓮
目黒蓮
でもこれだけは言える、一人で抱え込まない
目黒蓮
目黒蓮
一人でなにもかも抱え込まない
目黒蓮
目黒蓮
悩んでる時は沢山甘えていいんだよ?
目黒蓮
目黒蓮
そんなのいつだって受けいれるから
ラウール
ラウール
めめ、
目黒蓮
目黒蓮
辛いことがあったなら無理してとは言わないけど、絶対誰かに相談した方がスッキリする
ラウール
ラウール
うん、
目黒蓮
目黒蓮
俺も今日ラウールに気になることがある
ラウール
ラウール
何?
めめすごい真剣
なんの話しだろ?
目黒蓮
目黒蓮
今日、誰かに抱きしめられただろ?
ラウール
ラウール
えっ、、?
抱きしめられた?あ、今日ゆうくんに慰めてもらったんだ
でもなんでわかるの?
ちょっと怒ってる?
目黒蓮
目黒蓮
爽やかな匂いがする
目黒蓮
目黒蓮
ラウールはいつも香水かけてないけど甘い匂いだもん
目黒蓮
目黒蓮
来て?
と言ってめめは腕を開いている
ハグかな?
ギュ
目黒蓮
目黒蓮
ほらやっぱり
ハグすると匂いがするのか、
でもそんなに匂いする?
目黒蓮
目黒蓮
誰に抱きしめられたの?
めめはちょっと怒ってるように聞いてきた
ウルウル
涙が、
目黒蓮
目黒蓮
え?
目黒蓮
目黒蓮
ちょ、ラウール?本当にどうした?
ラウール
ラウール
めめだって今日キスしてたくせにぃーグズ
目黒蓮
目黒蓮
なんでそれを、
勘違いじゃなかったんだ、
でもなんで?僕めめに嫌なことしたかな?
ラウール
ラウール
僕はめめの近くにいない方がいい?
目黒蓮
目黒蓮
そんなこと、
僕はめめの腕の中から抜け出して外に出た
ラウール
ラウール
めめ、
僕はすごい速さで家に向かった
もう嫌だよ、
つらいよ、
僕失恋した?
めめの近くにいたいよ、
深澤辰哉
深澤辰哉
うわっ!
ラウール
ラウール
ごめんなさいっ、
深澤辰哉
深澤辰哉
全然大丈夫です、ってラウール?!
ラウール
ラウール
ふっかさんグズッ、
深澤辰哉
深澤辰哉
大丈夫?
深澤辰哉
深澤辰哉
どうしたの?
ふっかさんはそっと僕を抱き締めてくれた
深澤辰哉
深澤辰哉
よしよし1回落ち着こうか?