無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

96
2021/08/29

第35話

好き
ゆう目線
ゆう
ゆう
はぁ?
ゆうじ
ゆうじ
だから、ゆうはラウールが好きなんでしょ?
ゆうじ
ゆうじ
でもラウールと目黒は付き合ってしまった
ゆうじ
ゆうじ
だから諦めようとした。だけどさ?本当に諦められるの?
ゆう
ゆう
それは、もちろん諦めるつもりだ
ゆう
ゆう
俺はラウールの笑顔さえあればいい、
ゆうじ
ゆうじ
そう?俺は目黒のことを好きになってな
ゆう
ゆう
は?
ゆうじ
ゆうじ
だから、協力しない?
ゆう
ゆう
何言って、
ゆうじ
ゆうじ
いっその事ゆうはラウールを奪えばいいんだよ
ゆう
ゆう
そんなこと、
ゆうじ
ゆうじ
そうすれば俺も目黒をもらえる
ゆう
ゆう
そんなことしたってなんのことも!
ゆうじ
ゆうじ
は?俺に逆らう気?
ゆう
ゆう
っ!
ゆうじ
ゆうじ
言ったよな?前事故に助けてやったんだから俺の言うことは聞けって、
ゆう
ゆう
だけど、これだけは、
ゆうじ
ゆうじ
ダメだ、やれ!
ゆう
ゆう
そんな、
ゆうじ
ゆうじ
いいな?
ゆう
ゆう
わかった、でもちょっと待ってくれないか?
ゆうじ
ゆうじ
わかった、自分が決めた時にやれ!
ゆう
ゆう
わかった
本当に俺はこれをやるのか?
やれるのか?
ラウールの笑顔を俺はなくすみたいなもんだろ
ラウール
ラウール
おはよ!
ゆう
ゆう
あ、ラウールおはよう
ラウール
ラウール
どうしたの?
ゆう
ゆう
ううん、なんでもない、
ラウールは俺に毎日喋りかけてくれる
なんで喋ってくれるんだろ?
あんなにいじめてたのに、
ラウールは目黒さんと付き合ってすぐに告白の返事をしてきた
ごめんね、その一言がすごく心の中で響いた
俺失恋したんだなって、
でもその一言は申し訳なさそうに聞こえた
だけどその奥にはきっと付き合えて嬉しいと言うことがきっといっぱいだろう
そんなラウールの心を簡単に壊していいのか?
ラウールの悲しい顔を見たいのか?
そんなの嫌だ、
だけどやらなきゃ、ダメなんだよな、
ゆうじは俺が事故になりそうな時に助けてくれた
その時はすごく笑顔が眩しくて優しい子だった
だけどゆうじのお母さんがなくなってゆうじの性格が変わってしまった
さっきみたいに命令したり、色々なことをされている
事故になりそうな時に助けてくれた、それだけで俺の命は救われた
だから毎回言うことを聞いてた
だけど今回はやっていいんだろうか?
こんなことやだな、
いっそのこと死んでしまいたい
俺は心の中でそう思った