無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

ニセモノ8

国見side



三品は私って言おうとしてた。


俺はしってる。


アイツが誰か。



本当は女だってこと、確信は持てないけど。



一目惚れした奴の変装が見抜けないんじゃみっともないしね










中学生の頃。


チドリヤマの女子バレー部の試合を観る機会があった。



最初はやっぱり男子よりサーブ弱いなとか思ってた。


アイツのスパイクを見るまでは




女子の中でもずば抜けたスピード、跳躍力




一瞬で目を奪われた。これは影山も金田一らっきょも同じらしく目を真ん丸にしていた。



でも俺はそれだけじゃなくて、スパイクが決まったあとの笑顔に惹かれた。



打つときもよく見るとすごく真剣で
仲間とのコミュニケーションを絶やさない

それでいて試合に負けたときの悔しそうな表情。



正直息を飲んだ。



異性に対してこんな感情を抱いたのは初めてだ。



俺は昔から顔だけは良くて告白なんて何回されたか分からないくらいされた。


でもやっぱりその中の人全員好きにはなれなかった。



でも三品あなただっけ?

アイツだけは違う。



悔しいけど惚れた。


他校の奴を好きになるなんて辛いことばっかに決まってる。
そもそも一目惚れだし。
知り合いでも友達でも顔を知っているわけでもない。



でも…………




アイツのことを好きになった。




だからチドリヤマと試合ができる時チャンスだと思った。
試合後にチドリヤマの誰かと仲良くなれば、間接的に知ってもらえる、アピールできるチャンスだと思った



でも試合を始める前、気づいてしまった。




何故かアイツが試合に居る。

そっくりさんだと思ってた。
でもスパイクの打ち方も笑い方もコミュニケーションを絶やさない所も全部アイツだった



結局この試合は、北一おれたちの勝ちだった。



試合後に塩キャラメルを食べた。
いつもよりしょっぱく感じた。



気になってしょうがない。
何で男子として出ているのか。
もしかして本当は女子ではなく男子だったのだろうか


それならあの強いスパイクも辻褄があう。
でもそれなら俺は同性を好きになった?




諦めようかなと思っていたときに耳に入ってきた言葉




金田一「そういえばよ、前すげースパイク打ってたチドリヤマの女子居たろ?アイツさ怪我させてレッドカード出されたんだってよ」



国見「は?」



金田一「なんかわざと狙って怪我させたとか言われたらしいけど、そんなこと無いと思うんだけどな。審判が言ったら絶対だもんな」




最後の方は耳に入ってこなかった。


でもそういうことか。
だからアイツは……。




無償に腹が立って仕方がなかった。



でも俺にもう一度アイツに会う機会をくれた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

**えいか。🐧❄️
**えいか。🐧❄️
更新Level.0 (🐢) ** えいか。と申します!! 皆様に寛いで貰えるような そんな一時を提供出来たら幸いです。 *ファンマ...🐧❄️ 《love》 僕のヒーローアカデミア ハイキュー!! 鬼滅の刃 HUNTER×HUNTER ○○の主役は我々だ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 涼宮ハルヒの憂鬱/消失 氷菓 この素晴らしい世界に祝福を! かぐや様は告らせたい 五等分の花嫁 ↑上記のもののリクエストは受けれます。 《like》 ➳ℳ♥ 様 みでぃ🍊 様 MIRAN(ФωФ) 様 塩キャラメル 様 kotone🍋✨  様 さくらどろっぷ 様 なゆ。 様 にゃ 様 レーヴォチカ 様 SKY 様 ゆめ 様 🌷 ** 塩キャラメル ちゃん いつもありがとう 感謝でいっぱいです。 《重要?》 受験勉強の合間に更新するもの ・天敵 ・訳あり 気が向いたら他のも更新するかもです。 こんなダメな作者ですが これからもよろしくお願いしますm(__)m 🔼close🔼
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る