無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

ニセモノ17
試合開始したのだが、研磨のことが気になりすぎてミスがたくさんあった……。


研磨と目が合うことが多すぎて……




試合が終わり、皆が風呂に向かう頃に研磨と話すことになった




『研磨はいつから気づいてたの?』



孤爪「初めて声聞いたとき」



『よく気づいたね』



孤爪「機械音っぽかったから分かった」



『声変換できるんだこれ。』



孤爪「ゲームいつもしてるから聞きなれてる」



『そういうことか……』



孤爪「俺はそういう所ばっかしか気づかないから」



『バレーでも気づくでしょ』



孤爪「まぁ少しはね」



孤爪「あと、最初は確実だと思ってなかったけど」



『?』



孤爪「お、お……」



『お?』



孤爪「お風呂のやつ…見ちゃった」



『ぇぇええええええええええええ!!!???』



孤爪「…すごく、あなたの声かわいかった」



『かわいくないというか、この場合に相応しい言葉なのかな!?』




孤爪「俺、興奮しちゃってさ、夜……



『待って!!それ以上は言わないで良いから!』



孤爪「ごめん」




『にしても…見られてたとか……』




孤爪「大丈夫、覗いてたのは俺だけだから」




『一人覗いてただけでも大丈夫じゃないから』



孤爪「……あなたごめんね、ほらこれ」




研磨がスマホを取り出す。



そこに写っていたのは



あの時の3人だった




汗が止まらない、呼吸がうまくできない、怖い。

恐怖で足が揺れる。




孤爪「大丈夫だよ、他の人には見せないから」



『で、でも……消して!!お願い!』



孤爪「明日、言うこと聞いてくれるならいいよ」



『…分かった、けど自由時間の時だけね?』



孤爪「うん、一人で来てね?俺の部屋」



『なんで?』



孤爪「何でも良いでしょ」


不安しかないけど、行くしかない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

**えいか。🐧❄️
**えいか。🐧❄️
更新Level.0 (🐢) ** えいか。と申します!! 皆様に寛いで貰えるような そんな一時を提供出来たら幸いです。 *ファンマ...🐧❄️ 《love》 僕のヒーローアカデミア ハイキュー!! 鬼滅の刃 HUNTER×HUNTER ○○の主役は我々だ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 涼宮ハルヒの憂鬱/消失 氷菓 この素晴らしい世界に祝福を! かぐや様は告らせたい 五等分の花嫁 ↑上記のもののリクエストは受けれます。 《like》 ➳ℳ♥ 様 みでぃ🍊 様 MIRAN(ФωФ) 様 塩キャラメル 様 kotone🍋✨  様 さくらどろっぷ 様 なゆ。 様 にゃ 様 レーヴォチカ 様 SKY 様 ゆめ 様 🌷 ** 塩キャラメル ちゃん いつもありがとう 感謝でいっぱいです。 《重要?》 受験勉強の合間に更新するもの ・天敵 ・訳あり 気が向いたら他のも更新するかもです。 こんなダメな作者ですが これからもよろしくお願いしますm(__)m 🔼close🔼
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る