無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

園長先生
おはようあなた
自分
おはようございます、園長先生
園長先生
いよいよ今日ね
自分
はい




この施設では3年に1度、ここを出て独り立ちさせるために調査を行っている。私は今年初めて調査依頼を提出した。

その調査結果の知らせが届くのが今日なのである。

配達員のお兄さん
おはようございます園長先生!あなたちゃん!
園長先生
おはようございます
自分
おはようございます!
配達員のお兄さん
では、これを。
自分
ありがとうございます。






-カサカサ
自分
あ…、合格です、!!!!
園長先生
ほんとうに????
配達員のお兄さん
おーーー良かったな!あなたちゃん!
自分
はい、ありがとうございます。
園長先生
おめでとう、この9年間よく頑張ってくれたわね。
園長先生
あなたも今日からは1社会人よ、立派になって顔、見せにおいでね
自分
はい、、、










ここから街へは約2時間。


配達員のお兄さんが車を出してくれるということで早速準備をして車に乗り込んだ




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
まる。
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る