無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話




車中…






配達員のお兄さん
あなたちゃん、ほんとに良かったな
自分
うん、ありがとう、
配達員のお兄さん
今日からもう会えなくなるのか〜
配達員のお兄さん
俺、実はあなたちゃんに会うの楽しみにして施設に荷物届けてたのになぁ
自分
え、そうなの??嬉しい
配達員のお兄さん
でもこれからは居ないから悲しくなるなぁ
自分
わたしも少し寂しいです、
自分
でも、自分で決めた以上どうやってでも生活してがんばります
配達員のお兄さん
うん、そしてまた施設に遊びに来るんだよ?
自分
はい、ありがとうございました
配達員のお兄さん
ずっとあなたちゃんのこと応援してるから、がんばれよ!








車に揺られ2時間、お兄さんに別れを告げ夜の繁華街へと繰り出すのであった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
まる。
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る