無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

虐め?
_烏野高校1年4組

私のクラスは結構頭がいい。
この学校の1年生は、4組と5組が特進クラスになっている。

私は声優をやっているが、訳あってそれを隠している。_





花音カノン「あなたさんってなんか一人ぼっちだよね?」
彩月サツキ「ホントそれな(笑)誰かと居るとこ見た事ないし‪w」
花音カノン「じゃあさ、購買で人気のあのクリームパン、
すぐなくなるけど行くと人だかりで怪我するからあなたさんに頼む?? 」
彩月サツキ「そだネ。頼みにくいけど(笑)」
花音カノン「あなたサーん!!!」
あなた『?』
彩月サツキ 「購買で人気のあのクリームパン、買ってきて!もちろんお金は貴方のでね!‪w」

あなた『…分かったよ。』


_このように、私は軽い虐め的なのを受けてる。
まぁ、あんまり気にはしてないけどね。
実際学校外では楽しいことばかりだしね_