無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

見てたよ?
月島side


花音「あなたサーん!!!(笑)」
彩月「お金は貴方のでね!w」


月島「…」

_あーいうの、弱いものいじめって言うのかな、
まあ実際僕もSっけあるからあーいう言い方するかもだけど
流石にいじめっぽいよね。

しかもあなたさん嫌がってるしお金まで払わせるなんてね。_





山口「??ツッキーさっきからどうしたノ?ずっとあなたさんたちの方見てない?」
月島「山口うるさい。でもまあ、観てたかもね。」
山口「え、なんで??」
月島「あーいうのをいじめっていうのかなって思って。」
山口「た、たしかに。酷いよね。お金までとか……」

_実際僕がこんなにあなたさんのこと考えてる意味がわからないけど、
酷いとは思うし、見て見ぬふりは出来ないよね。_































あなたが教室を出ていく。
それに月島と山口が着いていく。





購買にて














あなた『やっぱり混んでるかぁ💧』

_望月さん、やっぱ困ってるね。_
山口「ツッキーどうする?俺あの限定パン3つあるけどあげる?」
月島「?なんで3つ」
山口「田中先輩と西谷先輩がくれたよ」
月島「へぇ。まあいい。あげていいならあげるよ。」
山口「全然OK!」



あなたが困っていると月島が近くへ行く。



月島「ねえ君、これ欲しんでしょ?」
あなた『ん??どちら様?』
月島「え、酷いんですけど。」
山口「ツッキーどう?あげたの??」
あなた『??』
月島 「あーあ。僕面倒臭いから山口説明して。」
山口「うん!わかったツッキー」
そして山口は今までのことを話す。

するとあなたは急に泣き出した。
月島「え、ちょ、なんで泣いてんの」

山口「え、あなたさん!?」


あなた『ごめ、んね!学校で人に優しくしてもらうの久々だから……嬉しくて!』


2人「……」