無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

跳び箱が跳べない話
跳び箱跳べない…
4段の開脚跳びが出来ん…
そもそも踏み切ったあと脚開けん…
下手くそな閉脚跳びになってる(笑)
私以外開脚跳びできない人いないし…
結局テスト受けてないし…
1点も貰えんわ(泣)(笑)
そして次マット運動…
倒立とか出来んし…
なんなら側転出来ないし…
またテスト1点も貰えんわ(笑)
そりゃ℃にもなるわな(笑)
10月の体育の成績が怖すぎる…
でもあと7時間我慢すればソフトボールだ…
それだけは自信ある…
球技だしお父さんが野球やってて、その血があるからね(笑)