無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

914
2020/08/29

第4話

🐨
ナムジュン
ナムジュン
……あれ
ナムジュンが部屋に入ってきて、寝たフリを決め込むあなた。
ナムジュン
ナムジュン
あなた、寝たか?
足音とナムジュンの香水が近づく。
ナムジュン
ナムジュン
あなた…
ナムジュンはあなたの寝顔(?)をまじまじと見つめる。
ナムジュン
ナムジュン
可愛いな…安心して寝てる
そう言って耳元に近づく。
ナムジュン
ナムジュン
……さぁ、どうしたら目を開ける?
開けるも開けないもあなた次第。