無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

~こうしたかった~1
BLです()サイコパス系
ダニエル
ダニエル
ぐぁんりーん
グァンリン
グァンリン
はい?
ダニエル
ダニエル
仕事行ってくるね~
グァンリン
グァンリン
は~い
じふん
じふん
りんりん~
グァンリン
グァンリン
は~い?
じふん
じふん
これ飲む?
美味しいよ
グァンリン
グァンリン
飲みます~!
じふん
じふん
はい(渡す
グァンリン
グァンリン
ありがとうございます~
グァンリン
グァンリン
ゴクッ(飲む
グァンリン
グァンリン
ん…?(倒れる
じふん
じふん
ㅋㅋ
じふん
じふん
待っててね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目が覚めると
ふかふかの、、じふにひょんのベッドで寝ていた











起きなきゃと思って起き上がろうとすると












ジャラジャラ







グァンリン
グァンリン
え……?何これ
金具(鎖?)のようなものが








手と足についてて、、








ベッドに繋げられてる…










動けない…

そう思った時










ガチャッ
じふん
じふん
起きた?
グァンリン
グァンリン
じふにひょん!
これ外してくれませんか?
じふん
じふん
いや
グァンリン
グァンリン
え?
じふん
じふん
俺が付けたから
グァンリン
グァンリン
なんで…こんな事を
じふん
じふん
俺が好きなのに…気づいてくれないもん、、
グァンリン
グァンリン
…じふに…ひょん?
じふん
じふん
好きになってくれるまで続けようかな(ニコッ
グァンリン
グァンリン
え…
そうしてひょんが僕の体を優しく撫でてくる
グァンリン
グァンリン
ひょん…
じふん
じふん
俺はずっとりんりんが好きだったんだよ?(上半身を撫でる
グァンリン
グァンリン
じふん
じふん
なのにりんりんは…
ニエルヒョンと?(下半身を撫でる
グァンリン
グァンリン
だ…って
じふん
じふん
付き合ってんの?
グァンリン
グァンリン
ちが…いますけど
グァンリン
グァンリン
ドサッ










ひょんが馬乗りしてきた
グァンリン
グァンリン
ひょん…やめて…
じふん
じふん
嫌だよ、、(モノを擦り付ける
グァンリン
グァンリン
、、
僕のモノと擦り付け合うから












何故か










感じてしまう
じふん
じふん
ンンッ………
グァンリン
グァンリン
ン、、
じふん
じふん
感じてくれてんじゃん。
グァンリン
グァンリン
離して…(嫌がる
じふん
じふん
だから無理って。
じふん
じふん
そんな簡単に、離すわけないでしょ
グァンリン
グァンリン
じふん
じふん
りんりんは俺のものになるよ
そう言って僕の顔を手で抑えて













無理やり舌を絡めてくる
じふん
じふん
チュッ レロッ…ッパ
グァンリン
グァンリン
ンン…アッ
ひょんは擦り付けながらキスをして













強引に






なっている、





止められないの…?
グァンリン
グァンリン
ンハァ…ッ
じふん
じふん
ンンッ…
じふん
じふん
ッパ…
キスが終わり











じふにひょんが退いてくれた










もう終わりって事だよね。











って考えた自分が悪かった











じふん
じふん
この液体掛けてあげる
じふん
じふん
またエロくなるね
グァンリン
グァンリン
えッ…だめッ
ドボドボと液体を僕の体へ注ぐ
予想以上に冷たくて



思わず声が出てしまう
グァンリン
グァンリン
ひゃぁ…ッ
じふん
じふん
そそらせるから…その声
グァンリン
グァンリン
んん…ッ
全部体に掛けて







じふにひょんは僕の体をじっと見てくる












恥ずかしいよ…
グァンリン
グァンリン
み、見ないでくださいよ、、
じふん
じふん
だって…もうすぐだからね?
ワクワクしちゃうの
なにがもうすぐ…?
またじっと見てくる
さっきより…なんか感じてしまう
グァンリン
グァンリン
んんあ…ぅぅ…/
体が、、暑いよ
じふん
じふん
効いてきたね(ニヤ
グァンリン
グァンリン
んはぁ…じふにぃ…ひょ…んんッ//
グァンリン
グァンリン
はぁ…ッ助けて…/
じふん
じふん
ちょっと待ってね?
そう言ってまた




僕のモノに液体を掛ける
グァンリン
グァンリン
あぁッ!だめぇ…ッ//
じふん
じふん
ここは直ぐに効果でちゃうな
グァンリン
グァンリン
んんぁぁンッ…//
グァンリン
グァンリン
おかしいよ…あん…ッ(涙
ビクビクしちゃってる…












自分の体なの?おかしい…





じふん
じふん
ほらこれ握って気持ちよくしてよ。
(モノを手に握らせる
自分を制御出来ず









ひょんの思うがままになってしまった







上下に擦り、、






奉仕する


グァンリン
グァンリン
んぁ…
じふん
じふん
ンンッ/いいよッ…りん…りんッ/
グァンリン
グァンリン
じふにひょん…ッあッ
じふん
じふん
んあ…ッ…/イきそ…///
グァンリン
グァンリン
イってくださいぃ?
口を開けると










こんな言葉ばっかり。










僕の言いたい事の反対を言ってしまう









おかしい…



どうしよう
じふん
じふん
あ…イッ…く///
ーーーーーーーービクッーーーーーーーー
グァンリン
グァンリン
…んん
グァンリン
グァンリン
あッん…//
顔にじふにひょんの汁が飛んでくる
じふん
じふん
チュッ。
顔中にキスをされ










口にじふにひょんの汁を流し込んでくる
グァンリン
グァンリン
んん…ッ/
じふん
じふん
入れてあげるね
NEXT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長…