無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

じこ リクエスト
俺は大好きなじんたんと付き合えてほんとに幸せだ。
毎日が楽しくてしょうがない。
それに大して神様が嫉妬したのかは分からないが、俺とじんたんに大きな悲劇が起きた。
じんたん
テオくん、危ない!!
テオくん
え?
ガッシャーン
上から工事現場で使われてた棒状の何かが俺に降ってきてじんたんが叫びながら俺を突き飛ばした。

じんたんは足だけそれの下敷きになっていた。
テオくん
じんたん!!!!
じんたん
い、いたぁ、い。

テオくん、だ、だい、じょぶ、だった…?
テオくん
じんたん、足が…
まって、き、救急車…!!
俺は急いで救急車を呼んだ。
そして、周りにいる人たちの力を借りてじんたんの足の上に落ちた障害物をどかした。

ものすごく、血が出てる。
1人の女の人が応急処置ができる人だったので、止血をして確実に折れてる為足を固定した。
そのあいだ、俺は何もできなかった。
じんたん
テオくん、手ぇ握ってて…
テオくん
う、うん
もう少しで来るからね。
それから2〜3分後に救急車は来た。

病院で検査をしてもらったら足の骨は折れてるし、ヒビも入ってるし、アキレス腱の損傷が激しかった。
手術をした方がいいらしく、来週にその手術を行うらしい。
じんたんは、1人の病室に移された。
テオくん
じんたん、ごめんね。
じんたん
ん?何が??
テオくん
足…
じんたん
いやいや、テオくん悪くないよ!
あんなの誰も予測出来ないし!
テオくん
で、でも…
じんたん
んもぉ!
テオくん!
テオくん
は、はい
じんたん
テオくんは何にも悪くないの!
仮にテオくんがオレと同じくなってもオレが悲しいからね!?
代わりにとかも思っちゃダメだよ!?
テオくん
うん、わかった。
じんたん
オレら、幸せなこと続きだからきっと神様が嫉妬したんだよ!w
テオくん
ちょっとやりすぎじゃない??w
じんたん
んね!w

ねね、手術終わったらリハビリしなきゃだから手伝ってくれる??
テオくん
むしろ、そのつもりだよ!
早く歩けるようになって、またどっか行こうね!
それまで…また1人で動画がんばる(´;ω;`)
じんたん
あ〜泣かないで!
病室なら二人で撮れるよ!
頑張って治すからね!
大好きよ!
(*´³`*) ㄘゅ💕
テオくん
ん、俺も/////

じんたん、足怪我してなかったら俺襲ってたよw
そう言って、じんたんと何回かキスを交わした。

神様…嫉妬にも程があるよ。
多分、この先もイチャイチャしまくるから次こうなったら恨むからね(*^言^*)
神様
げせぬ(´;ω;`)
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
どもー!紫音です!

海野いるか様にリクエストいただきました!


初リクエストだよおおおおおおおおおおおお(´;ω;`)


嬉しみだ!


怪我してるからね。
あんまりイチャイチャさせられなかったけど、治ったら死ぬほどイチャイチャするから大丈夫…かなぁ??←大丈夫か?
こんなのでもいいよ、とかいう心優しい方是非是非リクエストお待ちしています!
ピース☆