無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

真のスカイハウスに近づこう。
今日の企画はスカイハウスのものを使って高い所に登るという企画だ。

じんたんが最初に登ることになって登ってるあいだに机が倒れてじんたんは倒れた。
最初は笑ってた。
んで、カメラ切ってからちょっと経った。

じんたん
ふ、ふえぇ、て、おくぅん(´;ω;`)
テオくん
どした、じんたん。
肘打ったの痛いんか?
じんたん
うん、んうぇぇ
肘、痛いのぉ(´;ω;`)
あ、青くなってきちゃったのお
ふっううっうぇぇん、テオくうん(´;ω;`)
テオくん
ああ、ほんとだ!!
おいで痛いの痛いの飛んでけーってしてあげる!
じんたん
そんなんで治るわけないじゃんんんんんん(´;ω;`)
バカぁ(´;ω;`)
テオくん
大丈夫!!
それで治らなかったら病院行こっか。
じんたん
やだ、病院きらい
テオくん治して!
〜END〜

✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
どもー!紫音です

今日の動画を見てて妄想したのを書きました。
ほんとにじむたの肘が心配なんだけど!!
テオくんも、受け止めてあげて欲しかった←無理なこと言うな