無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

はっぴーばれんたいん
じんたん
ふんふーん♪
今日はバレンタインデーだから、テオくんに手作りチョコあげるんだ!
よろこんでくれるかな!
テオくん
じーんたん、何してんの??
じんたん
わ、テオくん!!
危ないから離れてー(´×ω×`)
テオくん
ごめん、ごめん。
…ねぇこのチョコって誰にあげんの?
みやとか??
?テオくん急に機嫌悪くなったな。
なんでだろ??
じんたん
?んーん
テオくんだけだよ?
テオくん
だって量多いじゃん。
じんたん
ああ、えっとね。
ちょっと大きめなのあげようって思ったら買いすぎちゃったから、ケーキとかも作ろっかなって!
テオくん
…なあーんだ!
じんたんってばおちゃめ〜!!
あ、チョコちょっと残しといてね!
よるじんたんに使いたいから!
あと、口移しで食べさせてね?
じんたん
っ!!
う、うん/////
わかった。
どうやらテオくんが欲しい本命チョコはオレみたいです/////
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄
どもー!紫音です!
バレンタインデーなんでね!
書いてみました!

テオくん、嫉妬しすぎは腐女子に毒だぞ☆
ピース☆