無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

憂鬱な日々⑦
ななこ
ななこ
〇〇ってさぁ
最近マジで調子のってない?
れい
れい
それな。いつも松村くんとつるんでさ。
松村くんも迷惑してるでしょ!
女子
ほんとそれなぁ~
ななこ
ななこ
あっ!!私いい事思いついたぁ~!
れい
れい
えっ?!!なになに~?
ななこ
ななこ
あのねぇ…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
女子
ねぇ〇〇ちゃん!
〇〇
〇〇
なに…?
女子
ななことれいが話あるってよ!
〇〇
〇〇
私に…?
女子
うん!空き教室で待ってるって!
〇〇
〇〇
そう…ありがとう
今更なんなんだろう…
松村北斗
松村北斗
〇〇っ!一緒に帰ろー!
〇〇
〇〇
あ、ちょっと用事あるから
先帰ってていいよ
松村北斗
松村北斗
え~
まだ道曖昧なのに…
〇〇
〇〇
まだ覚えてないの…
松村北斗
松村北斗
下駄箱で待ってるね!
はやくしてよ!
〇〇
〇〇
北斗くんは
はやく道を覚えてよね…
松村北斗
松村北斗
ごめんごめん!
松村北斗
松村北斗
じゃ、また後でね!
〇〇
〇〇
うん
~空き教室到着~
〇〇
〇〇
まだ2人とも来てないのかな…
バンッ!!
〇〇
〇〇
えっ?!
いきなり空き教室のドアがしまった
〇〇
〇〇
えっ?!!!あかない!!
ななこ
ななこ
来てくれてありがとね~w
〇〇
〇〇
ななこ?!
あけてくれる?閉まっちゃって…
れい
れい
いや、うちらが閉めたのに
なんでわざわざ開けなきゃいけないのさw
〇〇
〇〇
どーゆーこと?!
ななこ
ななこ
私言ったよねぇ?
松村くんに手だすなってw
れい
れい
あんたが調子乗ってるから
こらしめてやろうと思ってさぁ
ななこ
ななこ
そうそう!じゃあばいばーいw
〇〇
〇〇
えっ!ちょっと!
やばい。閉じ込められた…
でも、電気がついててよかったぁ
〇〇
〇〇
誰か~?!いませんか?!
声を出してみたけど
誰もいないみたいだ…
〇〇
〇〇
はぁ、
とりあえず、誰かが近くを通るのを待とう
足音でわかるはずだし…
そんなことを思っていたらいきなり…



ゴロゴロ、どかーん!
近くで雷がおちた
あっという間に停電してしまった…
〇〇
〇〇
やばいっ、
私はくらいところが苦手だ
ものすごい恐怖感が私を襲う。
〇〇
〇〇
もう、やだよぉ…
そのまま泣き崩れてしまった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まっちゃめろんぱん
まっちゃめろんぱん
ジャニヲタ Hey! Say! JUMP SixTONES HiHi Jets 美 少年とか色々
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る