無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

憂鬱な日々④
私は松村くんを屋上に残し
1人で帰ってきた
教室に帰ると…
ななこ
ななこ
ねぇ、
〇〇
〇〇
なに…
れい
れい
なんであんた松村くんと仲良いの?w
れい
れい
釣り合ってねぇんだよwww
女子
そーだよ!
女子
ななこのほうがお似合いだしさぁ
ななこ
ななこ
ってわけだから
ななこ
ななこ
今から松村くんとは
話さないでもらっていい?
〇〇
〇〇
れい
れい
え、なに?
いやなの?www
ななこ
ななこ
お前に拒否権ねぇから
〇〇
〇〇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
授業中…
松村北斗
松村北斗
ねね、〇〇さん!
〇〇
〇〇
松村北斗
松村北斗
聞いてる?
松村北斗
松村北斗
ねぇ?
〇〇の担任
おい、松村~
なんか質問か~?
松村北斗
松村北斗
あ、なんでもないです!
〇〇
〇〇
もう、しゃべりかけないでください。
松村北斗
松村北斗
え…?
放課後…
松村北斗
松村北斗
あれ?〇〇さんは?!
ななこ
ななこ
もぉ帰ったよぉ!
松村北斗
松村北斗
あ、そーなんだ
れい
れい
そうそう!!
ななこ
ななこ
だからぁ、私たちと帰らない~?!
松村北斗
松村北斗
え、でも帰る方向真逆だよね?
れい
れい
大丈夫!!きにしないよ~!
松村北斗
松村北斗
いや、悪いからいいよ。
じゃ、さよなら!
ななこ
ななこ
れい
れい
〇〇
〇〇
はぁ…
私はお気に入りの場所
河川敷に来ていた
と、言っても帰り道の途中にあるから
寄り道みたいな感じになっている。
まわりには野球で遊ぶ子供や
私と同じようにぼんやりしている
中高生くらいしかいない
〇〇
〇〇
こうやって風にあたるの
いいなぁ~
松村北斗
松村北斗
あ、〇〇さんだ!!
〇〇
〇〇
げ、
こんなところで松村くんに会うなんて…
松村くんは自転車を置いて
こっちに走ってくる。
松村北斗
松村北斗
〇〇さん、俺をおいて帰っちゃうんだもん
迷うところだったよ~
〇〇
〇〇
まだ、道覚えられてないんですね…
松村北斗
松村北斗
突然だけどさ
〇〇さんってなんか悩みでもあるの?
〇〇
〇〇
別にないですけど…?
松村北斗
松村北斗
そっか…
まぁ話す気になったら話してよ
俺、いつでも聞くからさ!
〇〇
〇〇
そうですか…
じゃあ、学校ではあまり
私と話さないで頂きたいです。
松村北斗
松村北斗
なんで?
やっぱりこの人は鈍感だ。
ちゃんと理由を話した方がいいのだろうか。
でも、ダメだ
この人に頼ってもなにも変わらない。
〇〇
〇〇
なんでもです。
じゃあ、さようなら。
松村北斗
松村北斗
まって!!!
〇〇
〇〇
…?
松村北斗
松村北斗
まだ、道わかんないんだって…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まっちゃめろんぱん
まっちゃめろんぱん
ジャニヲタ Hey! Say! JUMP SixTONES HiHi Jets 美 少年とか色々
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る