無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,554
2021/01/03

第2話

1.





はぁ…しんどい




なんであんなにうじゃうじゃ出てくるかね




4人目の子会いたかった!!!!




女の子かな…



一緒に出かけたりしたいなぁ…
























「ん?女の子…ねぇ伏黒ここに寝てる女の子誰」



「あ?そいつが五条あなただよ」



「あぁ!あの目隠しの妹!それにしても、まつ毛なっがいわね…しかも寝顔も可愛い」



「あんまり騒ぐなよそいつ任務後だから寝かせてやれ」



「初めてあった時も思ったけどほんと可愛いな!」



「でしょぉ〜」



「うおっ!先生〜急に出てこないでよ!」











あなた「んっ…」



「あ、起きた」



あなた「った…」



頭痛い…



あなた「なんすか…」



五条「あなた〜お疲れサマンサァ〜」



あなた「あ、うん」



「隈できてんぞ」



あなた「あ、恵ぃ…」



するとスっと手を伸ばし目の下をさすった



伏黒「お前何徹だ?」



あなた「5」



「5徹ぅ!?」



あなた「うっさい悠仁」



虎杖「す、すまん」



あなた「あ、その子が4人目の…」



五条「そうそう釘さk「悟は黙って」



「釘崎野薔薇よよろしく」



あなた「五条あなた。よろしく野薔薇」




釘崎「あなたってこいつ(五条)の妹なのよね」




あなた「うん、そうらしい」




五条「らしいじゃないよ!血の繋がりあるから!」




釘崎「そうだ!今度2人でお出かけしましょ」




あなた「いいね行こ行こ」



五条「僕も付いていっちゃダメかな?」



あなた「何言ってんのダメに決まってるでしょ」



五条「ええ…悟くん悲しい!泣いちゃう!」



あなた「勝手に泣いとけ」

「てか任務で疲れた部屋で寝てくる」



フラフラと立ち上がる




あなた フラッ




伏黒「よっと…」

「お前フラフラしてるじゃねぇか捕まれ」




あなた「ん…ありがと」
____________________