無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,280
2021/01/08

第4話

3.
伏黒「あなた大丈夫か?」




あなた「ん…まあね」




伏黒「頬、切れてる」




あなた「あー、やっぱり?」

「でもそんな深くないからすぐ直せるでしょ」




あなた 『反転術式 九字くじ ぜん




そう術式を唱えながら右の掌に左拳を組む



スーッ

すると頬の傷は治って行った



「ほら直った?」


伏黒「…」




あなた「恵どうした?」




伏黒「お前もっと自分を大切にしろよ」




あなた「えー、何急に」




伏黒「お前が俺より強いのは知ってるけど、傷付いてるのは見たくない」





あなた「…恵は優しいよね」




伏黒「…」




あなた「そういう所を好きになっちゃったのかもね」




伏黒「それ以外にもあるだろ」




あなた「うわぉ自信満々」




伏黒「…俺はお前の全部が好きだ」




あなた「ありがと。私も恵の優しい所も全部好き」




伏黒「まあ今日は寝てろ」




あなた「ん…」




伏黒「じゃあな」




あなた「じゃあね」



____________________