無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

452
2021/04/03

第16話

15.
先輩たちと動ける格好に着替えグラウンドに出ようとしていた時




制服を着た伏黒が先に談話室を出ようとしていた





あなた「あれ、恵どこ行くの?」





伏黒「ん、あぁ…昨日の任務の遺族に挨拶」





あなた「?」





真希「そんなんは補助監督の人に行かせればいいじゃねぇか」




狗巻「しゃけ」





伏黒「いえ、俺が行きたいんです」




覚悟を決めたような しかしまだ悲しいような目をして言った



あなた「…」




真希「あっそ、じゃあ先やってるからな」





伏黒「はい」





あなた「行ってらっしゃい」




伏黒「行ってくる」













パンダ「恵があんな顔するの珍しいな」





あなた「だよねぇ」





釘崎「…うっ」





狗巻「こんぶ…?」




真希「大丈夫か?」




釘崎「あぁ…昨日見た死体思い出したら吐き気がして…」




あなた「大丈夫?」





釘崎「うん、大丈夫。それより強くならなきゃ!交流会までに!」




あなた「だね!」





釘崎「じゃあやるぞ!まずは野薔薇。パンダとやれ」

「実力見とかないとな」

















釘崎「はぁはぁ…キッツ…」





パンダに投げ飛ばされ横たわる釘崎の横でくうにジャブを打ち込むパンダ






パンダ「野薔薇ぁ〜まだだぞぉ!」





狗巻「ツナマヨ」





それを見守る狗巻






釘崎「ちょっとぉ!!あなた!!あんたもやられなさいよ!!何見てんのよ!!」




パンダに追いつかれてブォンブォンと回されながら言う





あなた「私はさっきやったでしょぉ!」





釘崎「じゃあなんで投げられてないのよぉぉぉ!!!」





パンダ「あなたは強ぇからなぁ足も速ぇしなっ」





釘崎「ぎゃああああ!!」



















____________________