無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

951
2021/05/02

第8話

7
あなた「九字 ぴょう




臨の形から中指を人差し指に絡め攻撃を放つ




呪霊「ヒィィィ!!」




掠りはしたがほぼダメージはない




あなた「くっそ…!」





すると




あなた「う"っ…!」




早い!見えなかった!





呪霊は根っこの部分をものすごいスピードで伸ばし体に巻き付けてきた




両腕も巻き込まれているため攻撃が出せない…





あなた「六根清浄ろっこんしょうじょう急急如律令きゅうきゅうにょりつりょう




呪霊「キュゥゥゥ!!!」




あなた「よっし、これでちゃんと闘えるね」




体に巻き付いていた根っこは崩れ塵になっていった




あなた「九字 とう しゃ かい じん れつ ざい ぜん





次々と手を組み替えながら攻撃を放っていく



最後の攻撃をし終わる頃にはあたりの地面は抉れ、呪霊は弱々しく横たわっていた




あなた「まだいたのかよ」




「本当は使いたくないんだけどな…」





ピロン




最後のトドメを刺そうとした時ポケットに入ったスマホがなった




画面には"伏黒恵"の文字




あなた「…後でいいか」




スマホをポケットにしまい呪霊の元まで歩み寄る




あなた「ねぇ…事故起こして楽しいかな…?」




呪霊「キュゥ…」




言葉に答えるように弱々しく泣く




あなた「術式反転 九字 終式」




呪霊「ヒィ…」




消え入るような泣き声を出しながら塵になって消えていった




____________________