無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

896
2021/01/21

第9話

8
あなた「よしっ終わった」

「い"っ…!!」




ドーンと頭を殴られたような痛みがはしる





終式まで使うといつもこうだ




呪力オーバーで毎回毎回頭痛になる




あなた「もっと鍛えなきゃダメだな…」




しばらくすると頭の痛みも和らいできた




そういえば…と思い出しポケットにしまったスマホを出す




電源を入れ恵からの通知を開く




あなた「え…?」




画面には





『虎杖が死んだ』





と映し出されていた























どれだけ経っただろう



長いようで短い一瞬




何も考えられなかった




気がつくと涙が頬をつたっていて頭の痛さなんて忘れてしまっていた





『そっか』

『すぐ戻る』







とだけ返信し直ぐに帰りの支度をした







































飛行機の中、新幹線の中でも何も考える事が出来ず気がついた時には高専の前に着いていた






空は青く晴れ渡っており私の心とは天と地程の差があった


____________________