無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
309
2021/06/22

第19話

18.
あなた「ふぅ…私ジュース買ってくるけど何かいる?」



真希「アクエリ」



野薔薇「レモンティー!」



棘「高菜ぁ!コーラ



パンダ「カルピスゥ!」



あなた「恵は何にする?」



恵「…俺も行く」



あなた「いいよ別に大丈夫」



恵「そうか…」



あなた「えぇ…?何へこんでるの?(笑)ていうか、真希ちゃん待ってるけど?」



真希「恵ぃぃ!!次だ次!お前だよ!!」



恵「…」



あなた「ほら早くっ」



恵「おう…」



あなた「それで何にする?」



恵「俺は…おまe」

あなた「おっけいお茶ね」




恵「おいっ!」




あなた「皆ぁ!これは私の奢りだから気にしなくていいよぉ!」




野薔薇「あなた太っ腹ぁ!」



棘「すじこぉ!すじこぉ!!」



パンダ「さすがだなぁ…」



真希「さすが1級術師」



あなた「いぇ〜い!」



恵「…」



あなた「恵、私は後でね」




そう耳元でつぶやくと自販機の方へと去っていった




恵「っ〜!!」



野薔薇「羨ましい事山の如しね」



パンダ「耳まで真っ赤っかだな(笑)」



棘「しゃけしゃけ!!」



恵「うっせぇです…」



真希「恵ぃぃ!彼女が可愛いのはわかるがとっとと来いよ!」



恵「は、はい!」


____________________




お久しぶりです。



ごめんなさい



しばらく"最強の妹"の更新をストップします。



実際のところこの後の書き溜めがないのと



今は"かつての鬼は厨房に立つ"の更新を中心にやらせて頂きたいと思います。



もし戻ってくることが出来たらまた読んでくださると嬉しいです。



いつか必ず戻ってくるのでお気に入り登録したままでお願いします。



━なぁちゃ。






こっちも見てね