無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,435
2021/01/03

第3話

2.
あなたが伏黒に支えられながら部屋まで連れてかれるのを見送る3人




釘崎「ねぇ、さっきから思ったんだけど2人って距離感近くない?」




虎杖「だよなぁ」

「伏黒もスっと手伸ばしてたしさ」




五条「あぁ…あの二人付き合ってるからね」




釘崎.虎杖「ええ!?」




五条「僕のあなたちゃんが恵に取られた時は泣いたね!3日!」




虎杖「五条先生ってシスコン…だよな…」




釘崎「そうね…」




五条「なんで引くのさ!だってあんな可愛い可愛い妹を傷つけたくないじゃん!」




虎杖「じゃあなんで呪術師やってるの?」

「死ぬことだってあるんでしょ?」




五条「まぁ、あの子も色々あるんだよ」

「じゃ、恵が戻ってきたら授業するから教室行くよ〜」




____________________