無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

転校生
今日は転校生が来る日。
私の隣の席が空いてる。
ホームルームの前に知らない子が寄ってくる
ヨハン
ヨハン
隣失礼するね
ヨハンはあなたをじっと見て惚れたらしく
ヨハン
ヨハン
かわいいなぁ〜君。名前は?
(なまえ)
あなた
‥///あなただけど
ヨハン
ヨハン
へえ〜俺ヨハン。よろしくな。
その後ホームルームが終わり授業受けて昼休みになると…
ヨハン
ヨハン
ねぇ、あなた。俺と付き合ってよ
は?と思ったとき十代がきて
遊城十代
遊城十代
あなた〜!お弁当持ってきたぜぇ!
ってぇ‥‥お前は!ヨハンじゃないかぁ?
十代は幼少期、日本に滞在してた
ヨハンとデュエルして遊んでたらしく
見覚えがあるようだ。
ヨハン
ヨハン
ん!あー十代!久しぶり
アメリカにも噂が届いてるよ。
遊城十代
遊城十代
そんなに有名なのか‥照れちまうなぁ
あなたが弁当を受け取ったと同時に
あたり前のように万丈目も昼飯に参加してきた
(なまえ)
あなた
へー十代くんの知り合いだったかー
ヨハン
ヨハン
十代はあなたのお弁当作ってあげてるんだ〜
俺もしたいなぁ
遊城十代
遊城十代
まあな、あなたの胃袋は渡さないぜ
ヨハン
ヨハン
それは彼女が決めることだぜ
あなた!今度旨いもん食わせてやるからな!
遊城十代
遊城十代
じゃあ、手作りで勝負な
ヨハン
ヨハン
受けて立つよ
好敵手のようなやりとりをしている二人だった
(なまえ)
あなた
あはは‥
ヨハン
ヨハン
苦笑してるあなたも可愛いなぁ
遊城十代
遊城十代
それには同意だぜ!
なにこれと思ってると
万丈目
万丈目
お前ら昼休みなくなるぞ
静かに食べてた万丈目がツッコミをいれてくる
遊城十代
遊城十代
あ、そっか
ヨハン
ヨハン
そうだね。十代。この勝負はまた後にしよう
二人とも納得したようで食べ始める。
ヨハンはさりげなく弁当の中をチラ見してる

ほんとに作る気なのかな‥
食べ終わり
ヨハン
ヨハン
で、二人はどんな仲なの?
(なまえ)
あなた
お、幼なじみよ
遊城十代
遊城十代
あなたの隣は譲らないぜ〜
ヨハン
ヨハン
へぇ、それじゃあ俺が入る隙もあるわけだ
遊城十代
遊城十代
!?
遊城十代
遊城十代
ヨハンもあなたが好きなのか?
ヨハン
ヨハン
まあね。一目惚れっていうやつさ
(なまえ)
あなた
堂々と言うなぁ
ヨハン
ヨハン
だからあなた!
俺と付き合って!
(なまえ)
あなた
なぜそうなる
ヨハン
ヨハン
えー好きだから
(なまえ)
あなた
ヨハン
ヨハン
俺のこと嫌いー?
(なまえ)
あなた
いや違うけど
ヨハン
ヨハン
じゃあ付き合って!
(なまえ)
あなた
だからどうしてそうなるのさ
ヨハン
ヨハン
どうしたら俺と付き合ってくれる〜?
ヨハンは十代以上に積極的だ
(なまえ)
あなた
んーまずは友達からかな
ヨハン
ヨハン
俺のこと友達って認めてくれるんだ!
嬉しいなぁ
(なまえ)
あなた
なんか調子狂うなぁ
遊城十代
遊城十代
まあヨハンはこういうやつだからな
(なまえ)
あなた
そうなのか
ヨハン
ヨハン
へへ
(なまえ)
あなた
その笑い方かわいい
ヨハン
ヨハン
そう?嬉しいな
ヨハンは楽しそうだが十代は面白くなかった。
それ俺がよく言われるやつだ‥と思いながら。
二人の空間を土足で入られる気がしてなぜか胸が痛む
(なまえ)
あなた
十代くんどうかした?
遊城十代
遊城十代
あ、いや‥なんでもない
複雑な気分になりお弁当を片付けると
隣の自分のクラスに戻ってしまった
ヨハン
ヨハン
二人きりだね
万丈目
万丈目
俺がいることを忘れるな
ヨハン
ヨハン
あ、まだ居たんだ。
まーいいや。俺、あなたしか見えてないし
(なまえ)
あなた
‥‥///
万丈目
万丈目
よくそんな恥ずかしいセリフ言えるな
そんなことを思いながら自席に戻っていった
ヨハン
ヨハン
さーて今度こそ二人きりだ
クスッと笑いながら言ってきた
(なまえ)
あなた
いやここ教室だし
ヨハン
ヨハン
そ、れ、で、も!
(なまえ)
あなた
それでもか‥
ヨハン
ヨハン
あなた、好きだぜ〜
そう言ってあなたをぎゅっと抱きしめる。
十代は背後からくるがヨハンは正面からくる
(なまえ)
あなた
わっ//
ヨハン
ヨハン
照れるあなたかわいいなぁ
そうしてるうちに昼休みが終わり
放課後になる

デュエルの強豪校なのでヨハンは迷わずそれに入った。
ヨハン
ヨハン
あなたは創作部なのか〜
(なまえ)
あなた
まあね。
そして閉校時間
遊城十代
遊城十代
あなた!帰ろうぜ
(なまえ)
あなた
うん!
ヨハン
ヨハン
あれ?あなた達もこっち?
(なまえ)
あなた
うん。ヨハンくんも?
ヨハン
ヨハン
うん
そしてなんと!
ヨハンはあなたの隣の家のマンション住みでした。
どこまでもついてきます
遊城十代
遊城十代
ヨハン!まだこっちなんだな。。。
俺はこっちに行くから
(なまえ)
あなた
あれ、ヨハンくんわたしと同じ
ヨハン
ヨハン
奇遇だな
(なまえ)
あなた
これ相当近い‥?
ヨハン
ヨハン
みたいだ!嬉しいなぁ
二人きりで帰った際さり気なく手を繋がれた。
十代とも繋いでるが‥
そしてヨハンの転校初日は素敵なヒロインに出会うのだった