無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

200
2021/06/20

第18話

17話
アマルの声がする
アマル
アマル
ぷりっつ!
ぷりっつ
ぷりっつ
フワァ
アマル
アマル
大丈夫か?ぷりっつ泣きながら寝てたけど
ぷりっつ
ぷりっつ
え、大丈夫!『嬉し涙』だから
アマル
アマル
そっかw
アマル
アマル
それでなさっきの話の続きなんだけどさ
ぷりっつ
ぷりっつ
おん
アマル
アマル
タピオカにわたあめのってるタピオカ飲みたいらしくて案内したんだよ、でも喋る勢いが50メートル走 1秒ぐらいの速度で喋るんだ
俺はアマルのこの声が好きだ
甘くて優しい声
話を盛り上げる話題を沢山作るアマルがすき
気遣いが上手いアマルがスキ
心配してくれるアマルがスキ
アマルのすぐ謝れるくせも大好き
俺のアマルへの感情は『好き』でわなく『愛』なんだと俺は気づいた
俺が目を開けると、隣にアマルがいて、アマルは俺に寄りかかって寝ていた
アマルがこの体制なら俺もアマルに寄りかかってたんだろう。
ぷりっつ
ぷりっつ
フワァ
アマル
アマル
ん、ぷりっつおはよ
ぷりっつ
ぷりっつ
おはよ
ぷりっつ
ぷりっつ
俺いつから寝てた?
アマル
アマル
うーんわたあめタピオカの話してたらいつの間にか寝てた
ぷりっつ
ぷりっつ
そっかぁ
ぷりっつ
ぷりっつ
俺そろそろ帰るかな
アマル
アマル
えーと今は11時かこれは帰った方がいいんじゃねーの?編集あるでしょ?ぷりっつも
ぷりっつ
ぷりっつ
うん帰る
アマル
アマル
送ってやるよ折角だし
ぷりっつ
ぷりっつ
うん...
アマル
アマル
どしたぷりっつなんか大人しいけど
ぷりっつ
ぷりっつ
いや眠くてさぁ...
━アマル視点━
なるほど眠いのか
アマル
アマル
よいしょ
タッタッ
アマル
アマル
ぷりっつ〜パソコン
ぷりっつ
ぷりっつ
ありがと
アマル
アマル
ぷりっつパソコンしっかり持ってろよ?
ぷりっつ
ぷりっつ
え、いいけどなんで?
アマル
アマル
『お姫様抱っこ』するから
ぷりっつ
ぷりっつ
え、ちょ待っ
アマル
アマル
よいしょっと
ぷりっつ
ぷりっつ
うわぁいつ見ても高いなこの視点
アマル
アマル
そんな高いか?まぁ俺は慣れてるからか
ぷりっつの家は結構近い
今5分歩いてぷりっつの家が見えてきたんだが、
アマル
アマル
ぷりっつ顔赤いけどどうした?
ぷりっつ
ぷりっつ
いや別に////
アマル
アマル
えーなに照れてんの?
ぷりっつ
ぷりっつ
違うって言ったら嘘になるけど...そうって言っても嘘になるかなぁw
アマル
アマル
どっちだよお前ww
アマル
アマル
ほれ着いたぞ
ぷりっつ
ぷりっつ
あんがと、アマウスタクシーさん
アマル
アマル
勝手に改名すなw
ぷりっつ
ぷりっつ
www
ぷりっつ
ぷりっつ
じゃあね!アマル!
アマル
アマル
おう、またな
俺はぷりっつとまたねって交わすのが好きだ
またねは、また会えるって意味も込められてる
またぷりっつと会える
またぷりっつ遊べる気がして俺はその『またね』を交わし合うのが好きなんだ
家に早く帰ろう。
ここにいつまでいても何も意味はないから
早く帰りたい訳でもない
欲を言うとぷりっつと夜の遊びをしたい
アマル
アマル
ぷりっつは違う『同性』が好きなのだからこの恋はそろそろあきなめなきゃなぁ
『諦める』か