無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

230
2021/06/19

第6話

5話
かあいいちゃん
かあいいちゃん
ぷりちゃん!
アマル
アマル
かわいいちゃん
かあいいちゃん
かあいいちゃん
アマルさんぷりちゃんは、?
アマル
アマル
血を吐いてる、今救急車呼んだところ、
かあいいちゃん
かあいいちゃん
ぷりちゃん1週間ぐらい前から様子おかしかったんです、咳よくでてて、咳止めの薬沢山飲んでで、
1週間前から...?どうして俺に隠したんだ?俺との撮影の時は1回も咳をしなかったのに...
かあいいちゃん
かあいいちゃん
薬沢山飲んでたからその副作用かもしれないです、この前ぷりちゃんのお家に行った時たまたま薬見つけて、副作用に頭痛、腹痛とか書いてあった気がします、
かあいいちゃん
かあいいちゃん
それで、3日前行ったんですが、その日薬10個ぐらい飲んでて、なんでそんな飲むのって聞いたら、大事な撮影があるからって言われたんです、
3日前、俺とぷりっつが撮影した日だ
その日は2人での歌ってみたを撮ることになっていた
アマル
アマル
くっそボソ
ピーポーピーポ
アマル
アマル
救急車だかわいいちゃんぷりっつ運ぶの手伝ってくれ
かあいいちゃん
かあいいちゃん
あ、はい!
救急隊員
救急隊員
その方ですね、お2人も乗ってください
かあいいちゃん
かあいいちゃん
はい、
アマル
アマル
わかりました
かわいいちゃんも俺も同じことを思っているだろう。
焦りだ
ぷりっつ
ぷりっつ
うッ
救急隊員
救急隊員
大丈夫ですかー!?
救急隊員
救急隊員
意識が曖昧としていて危ないですね
アマル
アマル
ぷりっつ!しっかりしろ!
かあいいちゃん
かあいいちゃん
ぷりちゃん!動画撮影一緒にやるって言ったじゃん!
病院到着
救急隊員
救急隊員
これ以上は着いて来れません、外でお待ちください
アマル
アマル
くッ
かあいいちゃん
かあいいちゃん
わかりました...
15分が経ち
30分が経ち
1時間が経った頃
病院の人が出てきた
救急隊員
救急隊員
アマルさん、かわいいちゃんさん、
アマル
アマル
はい
かあいいちゃん
かあいいちゃん
...
救急隊員
救急隊員
ぷりっつさんは命に別状はありません
かあいいちゃん
かあいいちゃん
よかったぁ............
アマル
アマル
.............はぁ
こんなにもドキドキしたのはいつぶりだろう
救急隊員
救急隊員
ぷりっつさんは病室の106室に居ますよ
アマル
アマル
ありがとうございます、
アマル
アマル
かわいいちゃんぷりっつのところに行こう、
かあいいちゃん
かあいいちゃん
あ、ごめんアマルさん、私この後あっきぃと撮影あって、
アマル
アマル
そっか撮影頑張ってね
かあいいちゃん
かあいいちゃん
はい!ぷりちゃんのことよろしくお願いします!
タッタッタッ
106室は...ここか
ガラガラガラ
タタタタタ
ぷりっつ
ぷりっつ
…zzZ
アマル
アマル
気分が悪そうなまま寝てるな
ぷりっつの傍にずっといてやろう、
今は何時だろうか
ふと、病室の時計を見る
時計の針が指していた時間は4時半だった
アマル
アマル
もう4時半かぁ、
アマル
アマル
スマホでぷりっつの動画を見ようかな
待てよ?今ならぷりっつのスマホ見れるんじゃ?
いやいや何考えてるんだ
いやでも、
アマル
アマル
よし
ぷりっつのスマホを手に取った
アマル
アマル
無難に検索履歴みますか!
驚く検索履歴だった
・好きな人振り向かせる方法
・同性愛
・薬 副作用  
・一日 薬 致死量
アマル
アマル
なんだよこれ...
アマル
アマル
上から2個目は思春期みたいだけど
アマル
アマル
薬の致死量...
俺はその検索履歴を押した