無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

この世界どうでも良かったのに…utsho
シャオロン
シャオロン
こんな世界っ…!
と嘆く誰かの
シャオロン
シャオロン
生きる理由は…?
になれるでしょうか
これは
鬱大先生
鬱大先生
が今君(シャオちゃん)に送る
最初で最後の
鬱大先生
鬱大先生
愛してるで
愛の言葉だ
街も人も歪みだした
ひとらんらん
ひとらんらん
ーーーーー
オスマン
オスマン
ーーーーー
化け物だと気づいたんだ
欲動に救った愚かさも
全てがこの「目」に映る
鬱大先生
鬱大先生
シアトリカル
に手の上で
ロボロ
ロボロ
ーーーー
誰も
ゾム
ゾム
ーーーー
彼も
鬱大先生
鬱大先生
踊らされる…
シャオロン
シャオロン
生まれた意味は…?!
知らぬまま
形骸化した夢は錆び付いてしまった…
ショッピ
ショッピ
愛をください
きっと誰もがそう願った
コネシマ
コネシマ
愛をくれや…
そっと震えた手を取って
グルッペン
グルッペン
愛が欲しい…
心を抉る
トントン
トントン
醜いくらいに美しい愛を…!
シャオロン
シャオロン
こんな世界!
と嘆く誰かの
シャオロン
シャオロン
なんで生きてなあかんの…?
になれるでしょうか
鬱大先生
鬱大先生
いつか終わる
と気づいた日から
鬱大先生
鬱大先生
死へと秒を読む
心臓だーーーー
ねぇこのまま雨に溺れて
シャオロン
シャオロン
藍に融けたって…
構わないから
どうかどうか
鬱大先生
鬱大先生
また「あの日」
のように
傘を差し出し
シャオロン
シャオロン
大先生!
鬱大先生
鬱大先生
笑って見せてや…
もしも「夢」が覚めなければ
姿を変えずに
鬱大先生
鬱大先生
いられたん…??
解けた指から消える温度
血を巡らせるのは
シャオロン
シャオロン
だいせんせっ……??
誰の思い出???
鬱大先生
鬱大先生
雨に濡れた廃線
鬱大先生
鬱大先生
煤けた病棟
鬱大先生
鬱大先生
並んだ送電塔
シャオロン
シャオロン
夕暮れのバス停
シャオロン
シャオロン
止まったままの観覧車
鬱大先生
鬱大先生
机に咲く花も
「君」
シャオロン
シャオロン
大先生!あそぼーや!
の声も
何もかも
鬱大先生
鬱大先生
最初からなかったんかな…
死にたい僕は
鬱大先生
鬱大先生
死にたい…
今日も息をして
生きたい君は
シャオロン
シャオロン
いぇーーい!!
明日を見失って
シャオロン
シャオロン
なのにどうして
鬱大先生
鬱大先生
悲しいんやろ…
いずれ死するのが
シャオロン
シャオロン
人間だ
鬱大先生
鬱大先生
人間だ
永遠なんてないけど…
思い通りの日々じゃないけど…
脆く弱い「糸」に繋がれた
次の
鬱大先生
鬱大先生
夜明け
がまた訪れる
どんな世界も
君(シャオちゃん)がいるなら
鬱大先生
鬱大先生
生きていたい…!!
って思えたんだよ
僕の地獄で君はいつでも
絶えず鼓動する心臓だーーーー
あぁ、いつしか君がくれたように
シャオロン
シャオロン
大先生好きやで!
鬱大先生
鬱大先生
僕も好き!
僕も
鬱大先生
鬱大先生
誰かの心臓になれたなら…
鬱大先生
鬱大先生
シャオちゃん見とってね
シャオロン
シャオロン
俺はいつでも大先生の中におるで
鬱大先生
鬱大先生
好きやでシャオロン
シャオロン
シャオロン
俺も好きやで大先生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みしゅ໒꒱· ゚(主)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
はい!どうだったでしょうか?
みしゅ໒꒱· ゚(主)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
大先生とシャオちゃん中心でしたね!
みしゅ໒꒱· ゚(主)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
こういうのは初めて書くので不安でしたがw
みしゅ໒꒱· ゚(主)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
漢字など間違っていたら教えてください!1発なのでめっちゃ間違ってるかも☆(うるせぇ)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
ちなみにこの曲は「誰かの心臓になれたなら」です!!私結構この歌好きなので聞いてみてくださいw
みしゅ໒꒱· ゚(主)
みしゅ໒꒱· ゚(主)
ありがとうございました!さよなら!!